自営業がとことん分かるメディア

確定申告書等作成コーナーの「マイナポータル連携」とは?

更新日: 2022/01/27
確定申告書等作成コーナーの「マイナポータル連携」とは?

マイナンバーカードを持っている人は、生命保険料控除や寄附金控除を受けるのに必要な証明書を、ウェブ上の「マイナポータル」で取得できます。さらに「マイナポータル連携」の機能を使えば、その書類を確定申告書の作成に活用することも可能です。

INDEX

目次

    マイナポータル連携とは?

    「マイナポータル連携」とは、簡単に言うと「マイナポータル」と別のサービスを連携して、情報をやりとりする機能です。本記事では「確定申告書等作成コーナー」でこの機能を使う場合について説明します。

    確定申告書等作成コーナーの「マイナポータル連携」

    • 保険会社が発行する控除証明書などを「マイナポータル」で受け取れる
    • マイナポータルで受け取った書類を「確定申告書等作成コーナー」に取り込める
    • 取り込んだ書類の内容は、申告書類の該当欄に自動で転記される (控除額など)

    確定申告書等作成コーナーで「マイナポータル連携」の機能を使うと、所得控除に関する記入欄などの一部が自動で記入される、というわけです。これにより、書類の内容を手入力したり、控除額を自分で計算したりする手間が省けます。

    ただし、現状「マイナポータル連携」で自動転記できる書類は限られています。また、連携機能を使うための準備も少し面倒です。よって、確定申告書等作成コーナーを利用する場合でも、無理に「マイナポータル連携」を使う必要はありません。

    マイナポータル連携のメリット

    マイナポータル連携最大のメリットは、本記事で紹介する「確定申告書へ記入する手間を減らせる点」と言えるでしょう。下記のような複数のサービスを、マイナポータルを介して連携させることで、申告書類への自動転記が可能になります。

    マイナポータル連携でできること

    データの
    受け取り
    • MyPost…企業や自治体から書類データ(各種証明書等)を受け取る
    • e-私書箱…企業から書類データ(各種証明書等)を受け取る
    サイトへの
    ログイン
    • e-Tax……………e-Taxの全サービスにログインできる
    • ねんきんネット…ねんきんネットにログインできる

    「サイトへのログイン」は、マイナポータルにログインするだけで、それぞれのサイトへのログインも完了する機能のことです。これによって、サイトごとにID・パスワードをいちいち入力する手間が省けます。

    自動転記できる書類

    確定申告書等作成コーナーで、申告書類への自動転記が行える書類は以下のとおりです。

    マイナポータル連携に対応する書類(確定申告書等作成コーナー)

    • 生命保険料控除証明書
    • 地震保険料控除証明書
    • 医療費通知
    • 寄附金受領証明書
    • 寄附金控除に関する証明書
    • 年末残高等証明書 (住宅ローン控除)
    • 住宅借入金等特別控除証明書 (住宅ローン控除)
    • 特定口座年間取引報告書

    当然ですが、そもそもマイナポータル上で受け取っていない書類は自動転記ができません。まずは、書類の発行元とマイナポータルを連携して、書類をマイナポータル上で受け取れるようにしておく必要があります(手順は後述)。

    大手の保険会社やふるさと納税サイトは、基本的にマイナポータル連携に対応している。
    >> マイナポータル連携可能な発行主体一覧 – 国税庁

    ちなみに「医療費通知」の情報は、マイナンバーカードを保険証代わりに使っている場合のみマイナポータル連携が可能です。
    マイナンバーカードが保険証として使えるように!

    マイナポータル連携を利用した書類作成【大まかな手順】

    「マイナポータル連携」の利用に必要なもの

    • マイナンバーカード
    • ICカードリーダー (もしくは、マイナンバーカードの読取りに対応したスマホ)

    >> マイナンバーカードに対応したスマホ一覧 – 公的個人認証サービス

    確定申告書等作成コーナーで「マイナポータル連携」を利用するには、下記のような事前準備が必要です。あらかじめ「書類の発行元(保険会社など)」と「e-Tax」を、それぞれマイナポータルと連携させておくわけです。

    マイナポータル連携で確定申告書を作るには

    マイナポータル連携で確定申告書を作るには

    マイナポータルに登録、ログインする
    書類の発行元や「e-Tax」を、それぞれマイナポータルと連携させる
    (連携の順番は、どちらが先でもOK)
    確定申告書等作成コーナーから申告書を作成する

    マイナポータルと外部サービスを連携させる際は、マイナポータルの「もっとつながる」という機能を使います。ちなみに、書類の発行元とは「e-私書箱」や「MyPost」などのサービス(民間送達サービス)を介して連携します。

    上記の連携作業が済んだら、確定申告書等作成コーナーにアクセスしましょう。以下のように進めていけば、確定申告書等作成コーナーに書類を取り込めます。

    マイナポータル連携のQ&A – 気になるポイントまとめ

    Q. マイナポータル連携の利用には、毎年同じ準備が必要?
    マイナポータルと外部サービス (保険会社やe-Taxなど) の連携作業は、最初の1回だけでOKです。翌年以降は、マイナポータルで受け取った書類を、すぐに確定申告書等作成コーナーへ取り込めるようになっています。
    Q. 今後、マイナポータル連携で自動転記できる書類は増える?
    以下の2つは、2023年1月からマイナポータル連携に対応する予定です。

    • 公的年金等の源泉徴収票
    • 社会保険料控除証明書(国民年金保険料)

    ※このほかにも、以下の書類が2025年度までに対応予定です。
    ・小規模企業共済等掛金控除証明書(iDeCoなど)
    ・社会保険料控除証明書(国民年金保険料以外)
    ・寄付金控除証明書(ふるさと納税以外)
    ・上場株式配当等の支払通知書
    ・給与所得の源泉徴収票

    Q. マイナポータル連携で電子申告した場合、控除証明書等の保存は必要?
    マイナポータル連携で電子申告をしたあとも、控除証明書等のデータは保存しておく必要があります。マイナポータルで受け取った書類データも、原則「法定申告期限から5年間」は保管しておきましょう。この際、マイナポータル上では閲覧できなくなってしまう書類もあるので、パソコンなどにダウンロードしておくのが無難です。
    Q. 会計ソフトにも「マイナポータル連携」のような機能はある?
    クラウド会計ソフトの「freee会計」には、マイナポータルから控除証明書を取り込む機能があります。ただ、現状は「生命保険料控除」の証明書にしか対応しておらず、あくまで試験的な段階のようです(今後、対応書類が増える見込み)。
    \ この記事をSNSでシェアする /
    PICKUP POSTS
    ピックアップ記事
    マネーフォワード クラウド確定申告
    RELATED POSTS
    関連記事
    自営業の専門メディア 自営百科
    最新情報はSNSアカウントで