自営業がとことん分かるメディア

確定申告のニュース・記事一覧

確定申告に関する記事一覧

確定申告とは?個人事業主の確定申告を1から解説
確定申告とは?個人事業主の確定申告を1から解説 個人事業である程度の利益が出たら、それに応じて所得税がかかります。この所得税の金額は、納税者が自分で計算して申告することになっています。これが確定申告です。1年分の会計情報をまとめ、原則として翌年2月16日~3月15日の期間内に行います。 確定申告とは? 確定申告とは、一年間の所...
確定申告の流れ – 帳簿づけから所得税の納付まで
確定申告の流れ – 帳簿づけから所得税の納付まで 個人事業主は、その年の収入や支出を帳簿に記録し、帳簿をもとに確定申告書類を作成します。作成した書類は、所定の方法で期限内に税務署へ提出し、申告した内容に従って所得税を納付します。 確定申告の大まかな流れ すべての個人事業主は、その年の1月1日~12月31日に発生した収支などを、帳...
無料の会計ソフトで帳簿づけから確定申告までできる?
無料の会計ソフトで帳簿づけから確定申告までできる? 取引の少ない個人事業主など、「できれば無料の会計ソフトで確定申告まで済ませたい」 というニーズがあるのではないでしょうか?結論からいうと、白色申告であれば「やよいの白色申告 オンライン」というソフトを使うことでこれが達成できます。 お試し版ではなく、正式版が無料 「やよいの白色申...
確定申告書類【一覧表】個人事業主・会社員は何を提出する?
確定申告書類【一覧表】個人事業主・会社員は何を提出する? 確定申告の主な提出書類は、国税庁の該当ページからダウンロードできます。「そもそも何を提出する?!」「どの書類を使えばいいか分からない!」という方は、本記事を参考にしてみてください。 主な確定申告書類【一覧表】 申告書A(第一表・第二表) 簡易的な申告書(一部の所得しか申告できない...
個人事業主が確定申告で提出する書類【白色申告・青色申告】
個人事業主が確定申告で提出する書類【白色申告・青色申告】 個人事業主が確定申告で提出する主な書類についてまとめました。白色申告者は「収支内訳書」を、青色申告者は「青色申告決算書」を提出します。これに加えて、個人事業主は全員「確定申告書B」と「添付書類台紙」を提出します。 確定申告の提出書類 個人事業主が確定申告で提出する書類は以下の通り...
確定申告書AとBの違い – 個人事業主が使う確定申告書
確定申告書AとBの違い – 個人事業主が使う確定申告書 確定申告で必ず提出する書類の1つが「確定申告書」です。確定申告書には、AとBの2種類があり、おおまかに区別すると「会社員はA」「個人事業主はB」をそれぞれ提出します。なお、第三表・第四表・第五表は、それぞれ特定のケースでのみ提出が必要になる書類です。 確定申告書の種類 確定申告書...
2021年(令和3年)の確定申告期間 – 2020年分の確定申告を行う時期
2021年(令和3年)の確定申告期間 – 2020年分の確定申告を行う時期 2021年(令和3年)の確定申告期間は、2021年2月16日(火)~4月15日(木)でした。確定申告の方法は、大きく分けると3種類。税務署に申告書類を直接提出する方法、税務署に申告書類を郵送する方法、e-Taxを使って電子申告する方法の3つです。 2021年の確定申告期間 ...
いつからどこでもらえる?確定申告書類の入手方法
いつからどこでもらえる?確定申告書類の入手方法 確定申告書類の入手方法についてまとめました。大別して3つの方法があります。もし手書きではなくパソコンで書類作成する場合は、国税庁のサイト「確定申告書等作成コーナー」の利用がオススメです。 申告書類を手に入れる3つの方法 確定申告書類を手に入れる方法は、大きく分けて以下の3つです。...
確定申告書Bの書き方・記入例【第一表】
確定申告書Bの書き方・記入例【第一表】 確定申告書B(令和2年分以降の様式)の「第一表」について、記入方法を詳しく説明します。収支内訳書や青色申告決算書が完成したら、確定申告書Bの作成に取りかかりましょう。 確定申告書Bを書く前に 確定申告書Bでは、事業所得などの金額をもとに、所得税と復興特別所得税の納税額を算出します...
確定申告書Bの書き方・記入例【第二表】
確定申告書Bの書き方・記入例【第二表】 確定申告書B(令和2年分以降の様式)の「第二表」について、書き方を詳しく説明します。確定申告書Bは2ページ構成で、手書きの場合は第二表から書き始めるのがおすすめです。 確定申告書B【第二表】の書き方 確定申告書Bは、第一表と第二表の2ページ構成です。第二表には、所得や控除の詳細に...
添付書類台紙 – 確定申告書の添付書類を貼り付ける用紙
添付書類台紙 – 確定申告書の添付書類を貼り付ける用紙 確定申告書に添付する書類は、専用の台紙に貼って提出するのが基本です。この台紙を「添付書類台紙」といいます。本記事では、どこに何を貼ればいいかなどを、わかりやすく解説します。 「添付書類台紙」とは 「添付書類台紙」は、確定申告で提出する用紙の一つです。本人確認書類の写しや、控除証明...
確定申告書の提出方法まとめ【直接提出・郵送・e-Tax】
確定申告書の提出方法まとめ【直接提出・郵送・e-Tax】 確定申告の方法は、大きく分けると「税務署に書類を直接提出する」「税務署宛に書類を郵送する」「e-Taxを利用してネットで電子申告する」の3つです。それぞれの方法についてメリット・デメリットをまとめました。 確定申告について – 提出書類など 確定申告の方法は、大別する...
確定申告義務のある個人事業主とは?初心者向けの分かりやすい解説
確定申告義務のある個人事業主とは?初心者向けの分かりやすい解説 個人事業主の確定申告義務 個人事業主の場合、年間の所得が48万円以下なら確定申告を行う義務はありません。「義務がない」とは、確定申告をしなくても罰則などを課されないということです。 個人事業主の場合、所得48万円以下なら確定申告が義務ではない 逆に所得が48万円を超えても、必ず確...
確定申告義務についての詳しい解説【個人事業主向け】
確定申告義務についての詳しい解説【個人事業主向け】 個人事業主の場合、確定申告を行う義務があるかどうかは、実際に計算してみないと判定できません。一般的には「所得48万円」が基準とも言われますが、それはあくまで目安です。本記事では、正確に判定するための考え方を詳しく解説します。 確定申告が義務の個人事業主 国税庁の説明によると、下記...
2022年の確定申告期限日は3月15日(火)!期限関連の話
2022年の確定申告期限日は3月15日(火)!期限関連の話 2022年(令和4年)は、3月15日(火)が確定申告の最終期限日です。この日付を過ぎて申告すると「期限後申告」として扱われ、何らかのペナルティが課される可能性があります。よほどの理由がない限り、期限日までに確定申告を済ませましょう。 2022年は2月16日(水)~3月15日(火)...
気づいたら確定申告期間が終わってた!というアナタへ
気づいたら確定申告期間が終わってた!というアナタへ 所得税の確定申告には期限があり、それを過ぎるとペナルティが生じる場合があります。2020年分(令和2年分)の確定申告期間は、2021年4月15日に終了しました。 【2021年】新型コロナによる確定申告期限の個別延長について 期限を過ぎて申告するとどうなる? 2020年分の確定申告...
確定申告・還付申告・修正申告・訂正申告・更正の請求の違い
確定申告・還付申告・修正申告・訂正申告・更正の請求の違い 本記事では、税金の納付や還付に関わる手続きを、ざっくり紹介します。全部で、確定申告(訂正申告を含む)・還付申告・修正申告・更正の請求の4種類です。修正申告や更正の請求は、確定申告や還付申告に誤りがあった場合のみ行う手続きです。 確定申告で税額を確定させる 「確定申告」は、一年間の...
個人事業主の還付申告 – 還付されるケース・有効期間など
個人事業主の還付申告 – 還付されるケース・有効期間など 確定申告を行った結果、税金が還付されることがあります。この場合の確定申告を、特に「還付申告」と呼びます。なお、本記事は個人事業主向けです。 >> 会社員の還付申告 還付申告とは 個人事業主は、一年間の所得などを計算して所得税額を国に申告(確定申告)し、納付します。ただ、全員が税金...
確定申告・還付申告・修正申告・更正の請求【有効期間を整理】
確定申告・還付申告・修正申告・更正の請求【有効期間を整理】 所得税の申告手続きについて、有効期間を図でわかりやすく整理しました。通常の確定申告は、原則として会計期間の翌年3月15日が期限です。還付申告・修正申告・更正の請求は、非常に大雑把にいうと、どれも大体5年は有効です。 期間の一覧表 確定申告や還付申告の期間をまとめると、下図のように...
修正申告とは?自分に有利な申告をしたミスを正す手続き
修正申告とは?自分に有利な申告をしたミスを正す手続き 確定申告の期間が終わってから「税金を少なく」または「還付金を多く」申告していたことに気付いた際は「修正申告」という手続きが必要です。本記事では個人事業主へ向けて、修正申告とはどんなものかを解説します。 修正申告とは? 「修正申告」とは、「税金を本来よりも少なく申告した」あるいは「...
更生の請求とは?還付申告との違いや請求を行う手順など
更生の請求とは?還付申告との違いや請求を行う手順など 誤った申告により払いすぎた税金を、申告期限後に返してもらうには「更正の請求」という手続きが必要です。過払いの税金を返してもらうという意味では「還付申告」と似ていますが、両者はそれぞれ別の手続きです。提出する書類なども異なります。 更正の請求とは 更正の請求とは、すでに確定した税額...
支払調書とは?報酬を受け取る個人事業主向けの解説
支払調書とは?報酬を受け取る個人事業主向けの解説 支払調書について、報酬を受け取る個人事業主向けにまとめました。支払調書には、取引先から1年間に支払われた報酬や源泉徴収税額が記載されています。じつは、支払調書を確定申告で提出する必要はなく、保存も義務付けられていません。 支払調書とは 支払調書には様々な種類がありますが、なかでも...
会社員の還付申告 – 対象者・申告期限・提出書類など
会社員の還付申告 – 対象者・申告期限・提出書類など 会社員やパートタイマーなどの給与所得者は、基本的に確定申告をする必要はありません。ただ「還付申告」をすると、納めていた税金の一部が還付金として手元に戻ってくることがあります。なお、個人事業主の還付申告については以下のリンクをご覧ください。 >> 個人事業主が行う還付申告について ...
「給与所得者で確定申告が必要な人」を分かりやすく!
「給与所得者で確定申告が必要な人」を分かりやすく! 国税庁は「給与所得者で確定申告が必要な人」として、7つの類型を挙げています。本記事ではこの7パターンを噛み砕き、具体例を交えながらわかりやすく解説します。会社員で確定申告の義務があるか気になっている方は、本記事を参照してみて下さい。 給与所得者で確定申告が必要な人 国税庁は「給与...
会社員が確定申告で提出する書類
会社員が確定申告で提出する書類 会社員が確定申告で提出する書類についてまとめました。本記事は、給与所得(≒ 会社からもらった給与)のみを得ている会社員向けの記事です。なお、副業などで個人事業を運営している会社員は、提出する書類が異なります。以下の記事を参考にしてください。 >> 個人事業主が確定申告で提出する書...
源泉徴収票の見方(令和2年分)
源泉徴収票の見方(令和2年分) 会社から受け取る「源泉徴収票」には、給与や税金に関する大事な情報が記載してあります。本記事では会社員向けに、源泉徴収票のそれぞれの項目に何が書いてあるのか解説しています。>> 源泉徴収票から確定申告書への転記についてはこちら 源泉徴収票の全体図 本記事では、源泉徴収票...
源泉徴収票から確定申告書への転記を分かりやすく!会社員の還付申告
源泉徴収票から確定申告書への転記を分かりやすく!会社員の還付申告 本記事では、還付申告を行う会社員が「源泉徴収票の記載内容を、確定申告書のどこに転記すればよいか」を解説しています。確定申告書を完成させるため、まずは源泉徴収票から確定申告書へ転記できる部分を埋めていきましょう。 源泉徴収票の見方をおさらい まずは源泉徴収票の見方をおさらいしましょ...
確定申告書Aの書き方・記入例【第一表】
確定申告書Aの書き方・記入例【第一表】 確定申告書にはAとBの2種類があります。会社員など、給与所得者の確定申告では基本的に「確定申告書A」を利用します。確定申告書A(第一表)の記入方法について、記入例と共に紹介します。 >> 確定申告書Bの書き方・記入例はこちら 確定申告書Aを利用する場合 会社員やアルバイト・パート...
確定申告書Aの書き方・記入例【第二表】
確定申告書Aの書き方・記入例【第二表】 確定申告書A(第二表)の書き方をまとめました。令和2年分(2020年分)の申告書で記入例を紹介しています。第二表の内容は、所得の内訳と、控除の詳細情報がメインです。 >> 確定申告書A 第一表の書き方・記入例はこちら 確定申告書Aの第二表について 確定申告書Aの「第二表」には、主...