個人事業主の還付申告 – 還付されるケース・有効期間など

更新日: 2020/09/30
個人事業主の還付申告 – 還付されるケース・有効期間など

確定申告を行った結果、税金が還付されることがあります。この場合の確定申告を、特に「還付申告」と呼びます。なお、本記事は個人事業主向けです。
>> 会社員の還付申告

INDEX

目次

    還付申告とは

    個人事業主は、一年間の所得などを計算して所得税額を国に申告(確定申告)し、納付します。ただ、全員が税金を納付するわけではありません。場合によっては、すでに納めた税金が戻ってきます。このときの申告を、還付申告と呼びます。

    還付申告は、一年間の税額を精算するという意味では、通常の確定申告と同じ手続きです。よって、還付だからといって特別な手続きは必要ありません。いつも通り確定申告をしておけば、主に以下のようなケースで還付金を受け取れる場合があります。

    税金が還付される可能性があるケース

    1. 源泉徴収を受けた報酬がある
    2. 予定納税をしている

    税金が還付されるのは、納付すべき金額を超えてすでに税金を納めた場合です。余分に納めていた分が、還付金として手元に戻ってくるのです。個人事業主は、源泉徴収や予定納税のどちらか、あるいは両方によって必要以上に税金を納付していることがあります。

    還付申告が可能な期間

    2019年分の還付申告期限は2024年末まで

    還付申告は、本来の確定申告期間を過ぎてから行っても、罰則はありません。対象となる年の翌年1月1日から「5年間」は申告可能です。とはいえ、個人事業主は想定外の不利益を避けるためにも、常に本来の確定申告期間内での申告を心がけましょう。

    ちなみに、本来の確定申告期間は、対象となる年の翌年2月16日~3月15日です(土日祝日の場合、翌平日に繰越)。

    ケース① 源泉徴収を受けた報酬がある

    源泉徴収とは、給与や報酬などの支払者(源泉徴収義務者)が、あらかじめ税金分を差し引いて代わりに納付することです。源泉徴収によって所得税を必要以上に納めた状態であれば、個人事業主は確定申告をすることで税金の還付を受けられます。

    個人事業主が受ける源泉徴収のしくみ

    フリーランスとして働いている個人事業主に関連しそうな、源泉徴収の対象となる報酬を以下にまとめました。特に、ライターやデザイナー、イラストレーター、カメラマンなどが受け取る報酬は、源泉徴収されている可能性が高いです。

    源泉徴収の対象となる主な報酬

    区分 代表的な例
    原稿の報酬
    • 演劇や演芸といった台本の執筆料
    • 映画など脚本の執筆料
    • 文章や詩、歌、標語などの懸賞の入賞金
    • 書籍の編纂料や監修料
    • 広告宣伝用ポスターのコピーライティング料
    デザインの報酬
    • 映画関係の原画料や線画料、タイトル料
    • 標章の懸賞の入賞金
    • 広告宣伝用ポスターのデザイン料
    著作権の使用料
    • 映画や演劇、演芸の原作料や上演料

    >> 原稿等の報酬又は料金 – 国税庁

    上記のような報酬を受け取っている場合は、確定申告書B(第二表)の「所得の内訳」欄に漏らさず記入しましょう。

    ケース② 予定納税をしている

    予定納税とは、所得税を前もって納付することです(簡単にいえば、税金の前払い)。前年に納付した税額が一定金額を超えると「予定納税の通知書」が届くので、対象者はそれに従って納付するのが原則です。

    予定納税の金額は、前年の納付額をもとに決められます。そのため、前年よりも著しく稼ぎが少なくなるのであれば、予定納税によってあらかじめ税金を納めすぎることになる可能性があります。

    稼ぎが前年よりも少ない場合、税金が還付される可能性がある

    提出する書類と申告方法

    当然のことではありますが、申告の際に必要な書類や申告方法は、納付目的で行う通常の確定申告と一緒です。還付申告用の特別な書類などはありません。
    >> 個人事業主が確定申告で提出する書類

    提出する書類

    白色申告 青色申告
    • 収支内訳書
    • 確定申告書B
    • 添付書類
    • 青色申告決算書
    • 確定申告書B
    • 添付書類

    控除を申請するときは、添付書類(控除が適用されるために必要な証明書など)を用意します。控除の種類によって、用意する添付書類は異なります。

    3つの申告方法

    申告の方法は「税務署に書類を直接提出する」「税務署宛に書類を郵送する」「e-Taxを利用してネットで電子申告する」という3つの方法にざっくりと分けられます。
    >> 確定申告書の提出方法まとめ

    確定申告の方法は、直接提出・郵送・e-Taxの3種類

    還付金はいつ振り込まれる?

    還付金は、申告をしてから1ヶ月~1ヶ月半程度で振り込まれます。e-Taxで申告データを送信した場合は、3週間程度で処理をしてくれるので、ちょっとだけ早く還付金を受け取れます。

    還付金が振り込まれるまでの日数

    還付金の振込先には、預貯金口座を指定します。確定申告書Bに口座情報を記入する欄があるので、そこに希望の振込先を書き込みます。このとき、口座は申告者本人の名義である必要があります。

    また、申告者本人の口座であっても、以下のような口座・銀行では、還付金が正しく振り込まれない可能性があるので気をつけましょう。

    • 旧姓名義のままの口座
    • 屋号付き口座(事務所名の口座)
    • 一部のネット銀行

    まとめ – 個人事業主の還付申告

    個人事業主が確定申告によって還付金を受け取れる際のポイントを、以下にまとめました。

    還付申告のポイント

    • 個人事業主は、源泉徴収や予定納税によって必要以上に納税していることがある
    • 納めすぎていた税金は、申告することで還付金として戻ってくる
    • 還付金は申告後1ヶ月~1ヶ月半程度で振り込まれる
    • e-Taxで申告すれば3週間程度と、振り込みが少し早い
    • 還付金を受け取る口座は、申告者本人の名義でなくてはならない

    個人事業主の場合、還付申告であったとしても確定申告期間内に申告を行ったほうがよいです。2020年の場合、4月16日(木)が確定申告の最終期限日です。忘れないよう、早めに申告を済ませましょう。