自営業がとことん分かるメディア

個人事業の「必要経費」に関する記事一覧

必要経費とは?確定申告で経費にできるものとできないもの
必要経費とは?確定申告で経費にできるものとできないもの 「必要経費」とは、ざっくり言うと「事業のために必要な支出」のことです。必要経費をもれなく計上することで、納める税金の額を抑えられます。公私共...
必要経費の一覧 – 白色申告と青色申告の経費
必要経費の一覧 – 白色申告と青色申告の経費 個人事業における経費の勘定科目(全19項目)をまとめました。さらに、決算書には記載されていない、任意で追加する勘定科目(支払手数料や事務用品...
租税公課とは?具体例・仕訳方法・消費税区分など
租税公課とは?具体例・仕訳方法・消費税区分など 広い意味での「租税公課」は、税金や公的な団体に支払う負担金の全般を指します。この中には、経費に計上できるものとできないものがあります。個人事...
荷造運賃とは?通信費や消耗品費との使い分けなど
荷造運賃とは?通信費や消耗品費との使い分けなど 荷造運賃は、商品・製品を販売する際、梱包や発送などにかかる諸経費の総称です。代表例として、運送会社に支払う送料が挙げられます。荷造運賃は、海...
水道光熱費 – 按分例・仕訳方法・記帳タイミングなど
水道光熱費 – 按分例・仕訳方法・記帳タイミングなど 水道光熱費とは? 事業にかかる水道代・電気代・ガス代・暖房灯油代などは、「水道光熱費」という勘定科目で経費に計上できます。ただし、自宅とオフ...
旅費交通費 – 移動費用や宿泊費用の勘定科目
旅費交通費 – 移動費用や宿泊費用の勘定科目 事業で必要になった電車・バス・タクシー代や、遠出した際の宿泊費用などを経費として処理するときは、「旅費交通費」の勘定科目を使います。領収書が...
個人事業の通信費 – 仕訳例や家事按分の考え方
個人事業の通信費 – 仕訳例や家事按分の考え方 事業で必要な電話代やインターネット料金、郵送にかかる費用などを経費として処理するときは、「通信費」という勘定科目を使います。私用と仕事の両方...
広告宣伝費の具体例や記帳方法について
広告宣伝費の具体例や記帳方法について 個人事業における「広告宣伝費」の具体例や記帳方法などについてまとめました。チラシ・パンフレットなどの印刷費用や、ネットや雑誌で広告を出すため...
接待交際費とは?具体例・仕訳方法・領収書がない場合の対処など
接待交際費とは?具体例・仕訳方法・領収書がない場合の対処など 「接待交際費」とは 接待交際費とは、事業を円滑に行うために取引先と食事をしたり、お歳暮を贈ったりした際の費用などを指します。消費税区分は基本...
損害保険料とは?対象となる保険の具体例や仕訳方法など
損害保険料とは?対象となる保険の具体例や仕訳方法など 「損害保険料」について個人事業向けにまとめました。事務所や店舗、商品などを対象にした損害保険の費用は「損害保険料」として仕訳をします。自宅で...
修繕費とは?具体例や資本的支出との違いについて
修繕費とは?具体例や資本的支出との違いについて 個人事業の「修繕費」についてまとめました。「修繕費」は減価償却が必要な「資本的支出」と判断が難しい勘定科目です。ここでは、修理や改良の費用を...
消耗品費とは?具体例・仕訳例・雑費との区別など
消耗品費とは?具体例・仕訳例・雑費との区別など 消耗品費とは? 事業で使う備品を購入したら、その費用は「消耗品費」として経費に計上します。たとえば、下記のようなものがこれに該当します。 消...
減価償却費とは?【わかりやすい解説】
減価償却費とは?【わかりやすい解説】 「減価償却」とは 高価で長期間使うものの購入費用は、決められた「法定耐用年数」に従って、何年かに分けて経費計上しなければなりません。この処理...
福利厚生費とは?個人事業における福利厚生費の扱い
福利厚生費とは?個人事業における福利厚生費の扱い 福利厚生費とは? 福利厚生費とは、従業員の生活向上や、労働環境改善を目的に使う費用を指します。通勤費や社内忘年会の飲食費用などもこれに含まれ...
給料賃金 – 従業員に支払う給与の勘定科目
給料賃金 – 従業員に支払う給与の勘定科目 従業員を雇っている個人事業主に向けて、「給料賃金」についてまとめました。勘定科目の「給料賃金」は、従業員に支払う給料や残業手当などのこと。基...
外注工賃(外注費・業務委託費)とは?
外注工賃(外注費・業務委託費)とは? 外注工賃とは? 外注や業務委託など、外部の人に支払った報酬は「外注工賃」の勘定科目で経費に計上します。外注費や業務委託費と呼ばれることもあり...
利子割引料とは?具体例や仕訳方法など
利子割引料とは?具体例や仕訳方法など 事業資金を借り入れた際の利子や、リボ・分割払いの手数料などは「利子割引料」として経費に計上します。プライベートにも関わる利子割引料については...
地代家賃とは?具体例・仕訳方法・家事按分など
地代家賃とは?具体例・仕訳方法・家事按分など 「地代家賃」について、個人事業向けにまとめました。事務所や駐車場の賃料・管理費・礼金・更新料等は、「地代家賃」として経費に計上できます。自宅...
貸倒金とは?主な要件・記帳例・貸倒引当金との違いなど
貸倒金とは?主な要件・記帳例・貸倒引当金との違いなど 取引先の倒産などで回収できなくなった売掛金や貸付金は、「貸倒金」として経費計上できます。ただし、回収不能と認められるための条件は厳しめです。...
雑費とは?どのような費用を雑費に計上すべきか
雑費とは?どのような費用を雑費に計上すべきか 雑費とは、ざっくり言うと「その他」的な経費の勘定科目です。どうしても他に当てはまる勘定科目がないときは、雑費に分類します。ただし、雑費のトー...
専従者給与とは?事業専従者の要件や手続き方法について
専従者給与とは?事業専従者の要件や手続き方法について 個人事業主が家族に対して給与を支払っても、普通は経費に計上できません。しかし青色申告をしている個人事業主は、要件を満たすことでその全額を「専...
支払手数料とは – 具体例・仕訳方法・消費税区分など
支払手数料とは – 具体例・仕訳方法・消費税区分など 支払手数料とは >> 決算書に載っていない勘定科目の使い方 「支払手数料」は、任意で追加する勘定科目のひとつです。収支内訳書や青色申告決算書...
新聞図書費とは?具体例・仕訳方法・定期購読の会計処理など
新聞図書費とは?具体例・仕訳方法・定期購読の会計処理など 新聞図書費とは 事業に関する情報収集を目的に購入した新聞・雑誌・書籍などの費用は「新聞図書費」として必要経費に計上できます。紙に限らず、電子...
車両費とは?具体例・仕訳方法・保険料の会計処理など
車両費とは?具体例・仕訳方法・保険料の会計処理など 車両費とは 「車両費(車両関連費)」は、決算書には載っていませんが、一般的によく使われる勘定科目です。自動車やバイクの使用・維持などにかかる...
パソコン関連費とは?具体例・仕訳方法・減価償却の要否について
パソコン関連費とは?具体例・仕訳方法・減価償却の要否について パソコン関連費とは >> 任意で追加する勘定科目の使い方 「パソコン関連費」は、一般的によく使われている必要経費の勘定科目です。決算書には記...
賃借料とは?具体例・記帳例・他の科目との使い分けなど
賃借料とは?具体例・記帳例・他の科目との使い分けなど 賃借料(ちんしゃくりょう)とは >> 決算書に載っていない勘定科目の使い方 事業に必要なものを借りるとき、その費用は「賃借料」と...
リース料とは?具体例・記帳方法・減価償却が必要な場合
リース料とは?具体例・記帳方法・減価償却が必要な場合 コピー機やパソコンなどの高価な備品は、リースで借りて済ませることも多いでしょう。一般的なレンタルに比べて、リースは契約期間が長い傾向にありま...
事務用品費とは?具体例・記帳方法・消耗品費との区別
事務用品費とは?具体例・記帳方法・消耗品費との区別 事務用品費とは 事務用品の購入費用を経費計上する際は、「事務用品費」という勘定科目を使ってもOKです。決算書に記載のない科目ですが、任意で使...
取材費とは?具体例・記帳例・決算書の記入方法など
取材費とは?具体例・記帳例・決算書の記入方法など 取材費とは >> 決算書に載っていない勘定科目の使い方 「取材費」という勘定科目を使えば、取材に関わる費用をまとめて管理できます。決算書には...
諸会費とは? 具体例・記帳方法・消費税区分など
諸会費とは? 具体例・記帳方法・消費税区分など 諸会費(しょかいひ)とは? 事業に関わる会費などを経費計上する際、「諸会費」という勘定科目が使われることがあります。「諸会費」は決算書に記載...
研修費とは?記帳例・経費にできるできないの判断など
研修費とは?記帳例・経費にできるできないの判断など 研修費とは 「研修費」は、一般的によく使われる必要経費の勘定科目です。もともと決算書には記載がありませんが、任意で追加して使用できます。 「...
領収書やレシートがもらえない場合はどうする?
領収書やレシートがもらえない場合はどうする? 領収書やレシートがもらえない場合でも、事業に必要な支出であれば経費にすることができます。このような場合は「出金伝票」を作成しておきましょう。...
個人事業主の給与ってどうなるの?個人事業における給料の取り扱い
個人事業主の給与ってどうなるの?個人事業における給料の取り扱い 個人事業主は、事業により得たお金で生活をします。事業用の口座から、定期的に一定金額をおろして、いわゆる「給与」のような感覚で、生活費に充てて...
消耗品費と減価償却費の違い【具体的な判断基準】
消耗品費と減価償却費の違い【具体的な判断基準】 個人事業主に向けて「消耗品費 or 減価償却」の判断基準についてまとめました。購入費用が10万円以上なら、原則として減価償却が必要です。高価...
減価償却・一括償却資産・少額減価償却資産の比較
減価償却・一括償却資産・少額減価償却資産の比較 個人事業の減価償却は「定額法」という方法で行うのが基本です。ただし「一括償却資産」や「少額減価償却資産の特例」に当てはまる固定資産については...
一括償却資産 – 20万円未満なら3年で均等償却できる
一括償却資産 – 20万円未満なら3年で均等償却できる 取得価額が10万円以上20万円未満の資産は「一括償却資産」とすることで、耐用年数にかかわらず、3年にわたって均等に償却することができます。本...
少額減価償却資産の特例 – 30万円未満ならその年の経費にできる
少額減価償却資産の特例 – 30万円未満ならその年の経費にできる 「少額減価償却資産の特例」は、青色申告者だけが受けられる特例です。資産の取得価額が30万円未満なら、これを適用して減価償却を行うと、取得にか...
減価償却費 – 中古資産の耐用年数はどう計算する?
減価償却費 – 中古資産の耐用年数はどう計算する? 中古の固定資産は、新品の固定資産と耐用年数の考え方が異なります。減価償却する際には、その資産の耐用年数を一定の方法で算出する必要があります。...
固定資産を手放すときの会計処理【個人事業の減価償却費】
固定資産を手放すときの会計処理【個人事業の減価償却費】 使わなくなった固定資産(減価償却資産)を手放す際の会計処理を、「除却」と「売却」の2つに大別して紹介しています。それぞれの処理方法やポイント...
接待交際費との使い分け【会議費・広告宣伝費・福利厚生費・給料賃金】
接待交際費との使い分け【会議費・広告宣伝費・福利厚生費・給料賃金】 個人事業主ならカンタン! 「接待交際費」との使い分けに迷う勘定科目として、よく「会議費・広告宣伝費・福利厚生費・給料賃金」が挙げられます。こ...
「家内労働者等の必要経費の特例」とは?
「家内労働者等の必要経費の特例」とは? 「家内労働者等の必要経費の特例」とは? 「家内労働者等の必要経費の特例」は、事業所得・雑所得の計算における特例制度です。この特例を適用すれば...