自営業がとことん分かるメディア

控除に関するニュース・記事一覧

控除に関する記事一覧

所得控除とは?個人事業主が所得税を計算するときの控除について
所得控除とは?個人事業主が所得税を計算するときの控除について 個人事業主は、収入から必要経費を差し引いて所得を求めます。そこからさらに「所得控除」を差し引き、課税の対象になる所得を算出します。本記事では、所得税の計算における所得控除、その他の控除について、基本的なことをまとめています。 所得控除とは 所得控除とは、税金の計算をする際に、あら...
青色申告特別控除とは?65万円控除の新要件など
青色申告特別控除とは?65万円控除の新要件など 「青色申告特別控除」は青色申告者だけが受けられるおトクな控除です。控除額には10万・55万・65万の3パターンがあり、クリアする要件によって適用される金額が異なります。 青色申告特別控除とは? 青色申告を行う個人事業主は、「青色申告特別控除」という特殊な控除を受けられます。控除額...
個人事業主の所得控除【一覧表】
個人事業主の所得控除【一覧表】 所得控除について、個人事業主向けにまとめました。多くの所得控除を受ければ、それだけ納める税金を低くできます。ただ、所得控除にはそれぞれ要件が定められています。また、自分で申告しないと適用されないので、漏れがないよう気をつけましょう。 個人事業主の所得控除【一覧】 所得控除を受ける...
社会保険料控除 – 国民年金や国民健康保険に関する控除
社会保険料控除 – 国民年金や国民健康保険に関する控除 個人事業主の「社会保険料控除」についてまとめました。国民年金や国民健康保険などの社会保険の費用は、所得控除のひとつ「社会保険料控除」の対象です。上限はなく、その年に支払ったすべての保険料を控除として所得から差し引けます。 社会保険料控除とは 「社会保険料控除」は、所得控除のひとつ...
小規模企業共済等掛金控除とは?
小規模企業共済等掛金控除とは? 個人事業主向けに「小規模企業共済等掛金控除」についてまとめました。小規模企業共済等掛金控除とは所得控除のひとつで、対象の共済制度や個人型年金の掛金を全額控除できます。本記事では「小規模企業共済」と「iDeCo」を中心に紹介しています。 小規模企業共済等掛金控除とは 対象の共済制度...
生命保険料控除 – 生命保険・介護医療保険・個人年金保険
生命保険料控除 – 生命保険・介護医療保険・個人年金保険 「生命保険料控除」は所得控除のひとつ。控除の対象になるのは、民間の保険会社と契約した一定の生命保険・介護医療保険料・個人年金保険の保険料です。支払った保険料から一定の金額が控除されます(最高12万円まで)。 生命保険料控除とは 保険会社と契約した「生命保険」「介護医療保険」「個人...
地震保険料控除 – 所得控除と必要経費の按分など
地震保険料控除 – 所得控除と必要経費の按分など 個人事業主の地震保険料控除についてまとめました。自宅にかける地震保険の費用は、所得控除のひとつ「地震保険料控除」の対象です。自宅兼事務所などの場合は、按分して保険料の一部を地震保険料控除として申告します。 地震保険料控除とは その年に支払った自宅や家財に対する地震保険の保険料や掛...
寡婦・寡夫控除とは?2019年分までの要件や控除額など
寡婦・寡夫控除とは?2019年分までの要件や控除額など 寡婦控除と寡夫控除は、2020年の税制改正で大きく見直されました。本記事では、改正前の寡婦・寡夫控除について説明します。2019年分以前の所得について、還付申告などを行う際に参考にしてください。 >> 2020年分からの寡婦控除についてはこちら >> 新し...
寡婦控除とは?2020年分から適用の新しい要件など
寡婦控除とは?2020年分から適用の新しい要件など 寡婦控除は、2020年に要件や控除額が改正されました。本記事では、改正後の制度内容について説明します。個人事業主は2020年分の確定申告(2021年2月16日~3月15日に行う確定申告)から、会社員は2020年12月の年末調整から反映されます。 寡婦控除とは 夫と離婚か死別をして...
ひとり親控除とは?要件・寡婦控除との違い・控除額など
ひとり親控除とは?要件・寡婦控除との違い・控除額など 2020年分の確定申告(2021年2月16日~4月15日に行う確定申告)から「ひとり親控除」が新設されました。結婚歴の有無や性別に関わらず、多くのシングルマザー・ファザーが対象となります。 ひとり親控除とは? 「ひとり親控除」は、子供を養う単身者を対象とした所得控除です。控除額は...
勤労学生控除 – 個人事業を営む学生向けの解説
勤労学生控除 – 個人事業を営む学生向けの解説 「勤労学生控除」について、個人事業を営む学生に向けて説明します。年間の合計所得金額が48万~75万円の学生は、勤労学生控除を受ければ所得税の納付が不要になります。なお、アルバイトなどの給与しか収入がない学生は、コチラをご覧ください。 勤労学生控除とは? – 控除額は2...
障害者控除とは?対象者の要件や控除額の段階について
障害者控除とは?対象者の要件や控除額の段階について 納税者自身またはその親族が、政府の定めた「障害者控除の対象」であれば、納税者は障害者控除を受けることができます。障害の程度が重いほど、税金が少なく済む仕組みです。この記事では、家族の範囲・障害の程度・確定申告書の書き方に焦点を当てます。 障害者控除とは 障害者控除の対象となるのは...
配偶者控除・配偶者特別控除 – 各要件や控除額について
配偶者控除・配偶者特別控除 – 各要件や控除額について 「配偶者控除」と「配偶者特別控除」について、個人事業主向けにまとめました。配偶者が一定の要件を満たす場合は、基本的にどちらかの所得控除を受けられます。ただ、配偶者の所得によってどちらが適用されるかは異なります。 配偶者控除 or 配偶者特別控除 – 配偶者の稼ぎで異な...
扶養控除とは?対象になる親族の要件や控除額など
扶養控除とは?対象になる親族の要件や控除額など 扶養控除とは、16歳以上の「扶養親族」がいる場合に受けられる所得控除のこと。「扶養親族」の範囲は法律で定められており、給与収入が103万円を超える親族などは含まれません(103万円の壁)。控除額は、扶養親族1人につき38万円が基本です。 扶養控除とは? 16歳以上の「扶養親族」が...
基礎控除とは?控除額や所得制限について
基礎控除とは?控除額や所得制限について 基礎控除について個人事業主向けにまとめました。2020年分の確定申告(2021年2月16日~4月15日に行う確定申告)からは、年間の合計所得が2,400万円以下であれば、48万円の控除を受けられます。 >> 基礎控除の変更点(2021年に行う確定申告から) 基礎控除と...
雑損控除 – 災害などで被害を受けた人のための控除
雑損控除 – 災害などで被害を受けた人のための控除 災害や、盗難・横領によって家財などの資産が損失を受けたときは、雑損控除を受けることができます。本記事では、雑損控除において「対象となる災害」「対象となる資産」「控除額の計算」を中心に説明します。 雑損控除(ざっそんこうじょ)とは 災害や盗難・横領によって、生活に必要な資産に損害を...
医療費控除の基本 – 5分で分かる確定申告の医療費控除
医療費控除の基本 – 5分で分かる確定申告の医療費控除 年間の医療費のうち、実際に負担した金額が10万円を超えた人は、医療費控除を受けられます。納税者本人の医療費だけでなく、一緒に暮らす家族などのために支払った医療費も控除の対象です。 医療費控除とは 医療費を一定額以上支払った年は「医療費控除」が受けられ、税金がその分少なくなります。...
寄附金控除とは?個人事業主向けの分かりやすい解説
寄附金控除とは?個人事業主向けの分かりやすい解説 「寄附金控除」について個人事業主向けにまとめました。国や地方自治体、特定の団体に対して寄附をした際は、寄附金控除が受けられます。「ふるさと納税」も寄附金控除の対象です。 寄附金控除とは 「寄附金控除」は所得控除のひとつ。納税者が国や地方自治体、特定の団体などに対して寄附をした際に...
「扶養親族」とは?その要件や扶養控除について
「扶養親族」とは?その要件や扶養控除について 所得税に関わる「扶養親族」の範囲は、所得税法で定められています。社会保険における「被扶養者」などとは異なる部分があるので注意しましょう。扶養親族がいる人は、一定の要件を満たせば「扶養控除」などの所得控除を受けられます。 扶養親族とは? その年の12月31日時点で、以下の4つ全てに...
給与所得の計算に出てくる「給与所得控除」とは?
給与所得の計算に出てくる「給与所得控除」とは? 給与収入(いわゆる年収)から「給与所得控除」を差し引いたものが、給与所得です。この控除額は、その人の給与収入額に応じて異なります。とはいえ、多くの会社員はこの計算を自分でする必要はないので、そこまで気にしなくても問題ありません。 給与所得控除とは? 会社員などの給与所得者は、給与...
給与所得者の「特定支出控除」とは?
給与所得者の「特定支出控除」とは? 給与所得者の「特定支出控除」について、分かりやすくまとめました。仕事に関わる一定費用(通勤費や転居費など)を数十万円単位で自己負担した場合、給与収入から「特定支出控除」を差し引けるかもしれません。 給与所得者の特定支出控除について 特定支出控除とは、会社員などが勤務上の支出をたく...
医療費が控除対象になるケースまとめ
医療費が控除対象になるケースまとめ 医療費控除の対象は「国が認めた一定の医療を受けるために、直接必要になった費用」です。本記事では、対象となる範囲についてケースごとに詳しく紹介していきます。控除の申請などについてはこちらの記事でまとめています。 医療費控除とは 医療費控除とは、年間の医療費が10万円(もしくは総所得...
いつまで有効?医療費控除の対象期間と申告期限
いつまで有効?医療費控除の対象期間と申告期限 医療費控除は、原則として5年さかのぼって受けられます。たとえば、2016年1月1日~12月31日に支払った医療費は、2021年12月31日まで控除の対象になりえます。 医療費控除の対象期間と申告期限 当年中に支払った医療費については、その翌年に申告を行って医療費控除を受けるのが一...
医療費控除を受けるために用意するもの – 医療費控除の必要書類
医療費控除を受けるために用意するもの – 医療費控除の必要書類 医療費控除を受けるために必要な書類についてまとめました。医療費控除を受けるには、確定申告書に加えて「医療費の明細書」も提出します。この明細書を作成するために、いくつかの書類を用意します。 医療費控除を受けるために必要なもの 医療費控除を受けるために確定申告をする場合、下記の必要書...
医療費控除の計算まとめ【計算方法・計算例】控除額の求め方
医療費控除の計算まとめ【計算方法・計算例】控除額の求め方 医療費控除の計算方法について解説しています。支払った医療費がそのまま控除額になるわけではなく、定められた計算式にもとづいて控除額を求めます。 >> 医療費控除の要件や申請方法についてはこちら 医療費控除の計算式 医療費控除の計算のベースとなるのは、1~12月に病院や薬局で支払った...
「医療費控除の明細書」の書き方・記入例
「医療費控除の明細書」の書き方・記入例 「医療費控除の明細書」の書き方・記入例について、わかりやすくまとめました。一定の条件を満たした「医療費のお知らせ」があれば、明細書への記入は省略できます。 作成の際に用意するもの 「医療費控除の明細書」には、「どの病院で診療を受けたか」「診療にいくらかかったか」などを自分で記入し...
「医療費を補填する保険金等」とは?医療費控除の計算
「医療費を補填する保険金等」とは?医療費控除の計算 医療費控除の計算で登場する「医療費を補填する保険金等(保険金等で補てんされる金額)」についてまとめました。医療費を補うための保険金や給付金を得た場合、これが「医療費を補填する保険金等」に当てはまります。 「医療費を補填する保険金等」とは 「医療費を補填する保険金等」とは、医療費の...
医療費控除の申告から還付までの流れ – 会社員向け
医療費控除の申告から還付までの流れ – 会社員向け 本記事では「納付の申告は不要だけど、医療費控除を受けるためだけに還付申告をする」という会社員向けに、還付金を受け取るまでの流れを説明します。 還付申告の流れ 医療費控除を受けるには、税務署に所定の書類を提出します。これを有効期間中に行うことで、税金の還付を受けられます(還付申告)...
「災害減免法」と「雑損控除」の違い
「災害減免法」と「雑損控除」の違い 「災害減免法による所得税の減免」を受けると、所得税が直接減額されます。「雑損控除」に比べると、対象になる人は限られますが、被害状況や納税者本人の所得によっては、災害減免法のほうが得になることがあります。 災害減免法とは 災害で資産の半分以上が損失したら、「災害減免法」という法律に...
セルフメディケーション税制とは?【控除を受ける流れ】
セルフメディケーション税制とは?【控除を受ける流れ】 「セルフメディケーション税制」を利用すると、市販薬の購入金額に応じて控除を受けることができます。ただし、市販薬なら何でもよいわけではなく、レシートに「セルフメディケーション税制の対象商品」などと記載される市販薬に限ります。 セルフメディケーション税制とは セルフメディケーション税...
雑損控除額の計算方法【わかりやすい図解入り】
雑損控除額の計算方法【わかりやすい図解入り】 雑損控除額を計算するには、まず損害金額を明らかにする必要があります。損害金額は、時価で計算するのが基本です。ただし条件を満たせば、「損失額の合理的な計算方法」で計算しても構いません。本記事では、この損害金額の計算方法を中心に解説します。 雑損控除のおさらい 生活に必要な資産が、災...
勤労学生控除 – アルバイトをしている学生向けの解説
勤労学生控除 – アルバイトをしている学生向けの解説 「勤労学生控除」について、アルバイトをする学生に向けてまとめました。なお、アルバイト以外にも収入がある学生(個人事業を営む学生など)は、コチラをご覧ください。 勤労学生控除とは – 年収130万円まで所得税ゼロ? 「勤労学生控除」とは、カンタンに言うと“働きながら学校...
同一生計配偶者・控除対象配偶者・源泉控除対象配偶者の違い
同一生計配偶者・控除対象配偶者・源泉控除対象配偶者の違い 「同一生計配偶者」「控除対象配偶者」「源泉控除対象配偶者」の意義と要件についてまとめました。本記事は、令和2年分以降の年末調整書類や確定申告書類を作成する際、参考にしてください。 それぞれの意義と要件 同一生計配偶者・控除対象配偶者・源泉控除対象配偶者の区分は、大前提として「使わ...
「生計を一にする」とは?実務的な判断基準など
「生計を一にする」とは?実務的な判断基準など 「生計を一にする」は、配偶者控除や扶養控除に関係する用語です。が、個人事業主の場合は、親族に給与を支払ったときの必要経費(専従者給与)とも関係するので注意しましょう。 「生計を一にする」とは 国税庁は「生計を一にする」を「日常の生活の資を共にすること」と説明しています。簡単にいう...
所得税法上の「親族」とは?その範囲や「扶養親族」との違い
所得税法上の「親族」とは?その範囲や「扶養親族」との違い 所得税における「親族」は、民法上の親族と同義です。つまり「6親等内の血族・配偶者・3親等内の姻族」です。似た用語に「扶養親族」がありますが、「親族」のほうが広い概念ですから、混同しないようにしましょう。 確定申告における「親族」「扶養親族」の実務上の扱いについてはこちら 「親族」...