自営業がとことん分かるメディア

電子申告で使うスマホアプリまとめ【e-Tax】

更新日: 2020/10/26 投稿日: 2020/10/26
電子申告で使うスマホアプリまとめ【e-Tax】

スマートフォンから確定申告を行う会社員向けに、インストールが必要なアプリを説明します。現状では、iOSでもAndroidでも、2種類のアプリをインストールしなくてはなりません。

この記事では、2020年中に行う電子申告について説明しています。2021年1月からは、iOS・Androidともに1種類のアプリ(マイナポータルAP)だけで、スマホから電子申告ができるようになります。

INDEX

目次

    電子申告で使うアプリ

    会社員は、スマートフォンからウェブ上の「確定申告書等作成コーナー」にアクセスして、手軽に電子申告ができます(事業所得や不動産所得がある場合を除く)。電子申告とは、オンラインで確定申告を行うことを指します。

    電子申告の際には、マイナンバーカードを使って個人認証を行うのが基本です(マイナンバーカード方式)。この方式でスマホから電子申告をするときは、下記の2種類のアプリが必要になります。

    スマホから確定申告するときに必要なアプリはiOS・Androidで異なる

    「確定申告書等作成コーナー」で操作を進めていくと、「コレとコレをインストールしてください」と表示されるので、そのときにインストールすればOKです。あとは、必要な場面でアプリが起動され、自動的に役目を果たしてくれます。

    スマホから「マイナンバーカード方式」で電子申告をするには、マイナンバーカードの読み取りに対応した機種を使うことが前提となる。対応機種は、iPhone(7以降)や、おおよそ2017年以降に発売されたXperia・AQUOS・Galaxy・arrowsなど。
    >> 対応機種一覧 – 公的個人認証サービス ポータルサイト

    「ID・パスワード方式」ならカードもアプリも不要!

    「ID・パスワード方式」とは、事前に税務署で発行したIDとパスワードを使って、マイナンバーカードを使わずに電子申告を行う方法です。マイナンバーカード方式でなく、ID・パスワード方式で電子申告をするなら、カードもアプリも必要ありません。
    >> ID・パスワード方式とマイナンバーカード方式の違いを詳しく

    以降では、マイナンバーカード方式を前提に、会社員のスマホ申告について説明していきます。

    申告の流れ【iOSの場合】

    iPhoneから電子申告をする場合、必要なアプリは「マイナポータルAP」と「e-Taxアプリ」の2つです。

    必要なアプリ(iOS)

    マイナポータルAP e-Taxアプリ
    アイコン マイナポータルアプリのアイコン(iOS) e-Taxアプリのアイコン
    主な役割 ・マイナポータルとe-Taxの連携
    ・電子署名の付与
    ・申告データの送信

    iPhoneで「確定申告書等作成コーナー」を利用する際は、下図のように画面が遷移していくので、これに従って2つをインストールしましょう。

    確定申告書等作成コーナー(iPhoneで電子申告)

    アプリをインストールしたら、あとは以下のような流れで進んでいきます。ユーザーは表示される指示に従って操作するだけなので、さほど難しくはありません。

    1. マイナポータルAPを介して、マイナポータルとe-Taxを連携
    2. 確定申告書等作成コーナーで、申告データを作成
    3. マイナポータルAPを使って、申告データに電子署名を付与
    4. e-Taxアプリを使って、申告データを送信

    最終的に「送信成功しました」と表示されたら申告完了です。①の工程が少し面倒ですが、2回目以降は②~④の操作だけで電子申告ができます。

    申告の流れ【Androidの場合】

    Android端末から電子申告をする際は、「JPKI利用者ソフト」と「e-Taxアプリ」の2つをインストールする必要があります。

    必要なアプリ(Android)

    JPKI利用者ソフト e-Taxアプリ
    アイコン JPKI利用者ソフトアプリのアイコン e-Taxアプリのアイコン
    主な役割 ・電子証明書による個人認証 ・申告データの送信

    「確定申告書等作成コーナー」にアクセスして、下図のように進めていけば両方ともインストールできます。

    確定申告書等作成コーナー(Androidで電子申告)

    アプリをインストールしたら、あとは表示される指示に従って、以下のように進めていきましょう。

    1. ブラウザ上で、マイナンバーカード方式の登録手続き
    2. 確定申告書等作成コーナーで、申告データを作成
    3. e-Taxアプリ上で、申告データに電子署名を付与
    4. e-Taxアプリを使って、申告データを送信

    はじめにインストールした「JPKI利用者ソフト」は、電子証明書の利用が必要な場面で自動的に役割を果たしてくれます。したがって、直接的に操作することはありません。

    最終的には、e-Taxアプリ上で「送信完了しました」と表示されたら申告完了です。なお、①の手続きが必要なのは初回のみなので、2回目以降は②~④の操作だけで電子申告ができます。

    PCで申告する場合 – スマホがカードリーダーに?

    もしパソコンからマイナンバーカード方式で電子申告をする場合、基本的には「ICカードリーダー」が必要になります。しかし、WindowsパソコンとAndroid端末のペアなら、スマホをカードリーダーの代わりに使うことができます。

    スマホをカードリーダーの代わりに使う際は、スマホとパソコンの両方に「JPKI利用者ソフト」をインストールします。Windows版の「JPKI利用者ソフト」は、公的個人認証サービスのポータルサイトからダウンロードできます。

    対応のスマホがICカードリーダーの代わりになる

    現状、MacとiOSにこのような機能はありません。この方法を利用できるのは、あくまで対象のWindowsパソコンとAndroidスマホを持っている場合のみです。対応機種などについて、詳しくは下記のページを参考にしてください。
    >> スマホでICカードリーダーを代用する方法

    まとめ

    スマホからマイナンバーカード方式で電子申告をする際は、2種類のアプリをインストールするよう求められます。個々の役割には分かりづらい部分もありますが、ひとまず指示に従ってインストールしておけばOKです。

    スマホから確定申告するときに必要なアプリはiOS・Androidで異なる

    一応、各アプリには単体での機能もあります。たとえば、スマホから「マイナポータル」を利用する際には「マイナポータルAP」が必要です。

    単体での主な機能

    マイナポータルAP ・スマホから「マイナポータル」へのログイン
    ・パソコンから「マイナポータル」へのログイン(バーコード認証)
    JPKI利用者ソフト ・電子証明書の内容や有効期限の確認
    ・電子証明書の失効申請(Androidのみ)
    e-Taxアプリ ・データ送信履歴の確認(iOSのみ)
    ・コンビニ納付用QRコードを使った納付情報の確認(iOSのみ)
    ※Android版は「JPKI利用者ソフト」がないと機能しない

    ただ、個々の機能はまだまだ充実しておらず、iOS版とAndroid版で違ったりもします。現時点では、あくまで「電子申告のためにセットで使うもの」と考えておいてよいでしょう。