自営業がとことん分かるメディア

GビズIDが必要な補助金【一覧表】個人事業主向け

更新日: 2021/06/10 投稿日: 2021/05/28
GビズIDが必要な補助金【一覧表】個人事業主向け

INDEX

目次

    GビズIDが必要な補助金など

    補助金によっては、応募するのに「GビズID」のアカウントが必要です。主な補助金や助成金について、GビズIDが必要なもの・不要なものを整理してみました。

    個人事業主が応募できる主な補助金など

    必要 不要
    • 小規模事業者持続化補助金
    • IT導入補助金
    • ものづくり補助金
    • 事業再構築補助金
    • 事業承継・引継ぎ補助金

    GビズIDのアカウントは無料で作れます。ただ、申請からID発行まで2~3週間かかることがあります。応募締め切りに間に合うよう、早めにアカウントを作っておきましょう。

    そもそも「GビズID」とは?

    GビズIDとは、1つのID・パスワードで、様々な行政サービスにアクセスできる認証システムです。認証に使用するアカウントを「gBizID」といい、以下の3種別に分けられています。

    gBizIDエントリー 即日作成できるアカウント (機能制限あり)
    gBizIDプライム 印鑑登録、審査済みのアカウント (機能制限なし)
    ※申請~アカウント付与まで2~3週間かかる
    gBizIDメンバー gBizIDプライムに紐付いた従業員用のアカウント

    補助金への応募が目的なら、必ず「gBizIDプライム」アカウントを作成しましょう。基本的に「gBizIDエントリー」アカウントでは応募できません。

    「暫定プライム」アカウントを作成するには?

    通常、gBizIDプライムアカウントの作成には、2~3週間かかります。ただ、以下の補助金については、即日で作成できる「暫定プライム」アカウントでの応募も可能です。

    • 小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)
    • 事業再構築補助金

    暫定プライムアカウントの作成フォーム

    暫定プライムアカウントの作成には、通常のプライムアカウントと同じフォームを使用します。以下のように、部署名には「特定補助金専用」とだけ記入しましょう。

    作成開始ボタン 必要事項の入力
    GビズID作成開始ボタン GビズID作成画面

    gBizID – トップページ

    なお、暫定プライムアカウントは、先述の補助金へ応募するときだけ有効です。交付決定までには、通常のgBizIDプライムアカウントへ変更しておく必要があります。