自営業がとことん分かるメディア

2023年の確定申告期間 – 遅れたらどうなる?還付申告はいつまで?

更新日: 2023/01/31 投稿日: 2023/01/13
2023年の確定申告期間 – 遅れたらどうなる?還付申告はいつまで?

INDEX

目次

    2023年の確定申告期間

    2023年の確定申告期間は、2月16日(木)~3月15日(水)です。この期間中に、2022年分(令和4年分)の確定申告を行いましょう。

    2023年(令和5年)の確定申告期間

    確定申告期限に遅れると「延滞税」や「無申告加算税」などのペナルティを課されるおそれがあります。期日を少し過ぎた程度ならそれほど大きな金額にはなりませんが、できるだけ期間内に申告を済ませるようにしましょう。
    期限後申告のペナルティについて詳しく

    なお、2023年の確定申告期間について、新型コロナの影響による一律での期限延長は発表されていません。2020年と2021年は、コロナの影響で申告期間が一律で4月まで延長されましたが、そのような措置は今のところなさそうです。

    還付申告なら5年以内でOK

    上述した申告期間は、あくまで「確定申告で税金を納める人」が申告を行う期間です。「確定申告で税金が戻ってくる人」は、5年以内に申告すればよいことになっています。

    税金が還付される場合の申告期限 - 2023年

    一般的に、会社員の確定申告では税金が戻ってくるケースが多いです。たとえば、下記のような会社員は確定申告によって税金の還付を受けられます。

    確定申告で税金が還付される人(主な例)

    • 医療費控除を受けるために確定申告をする会社員
    • 寄附金控除を受けるために確定申告をする会社員
    • 年末調整を受けられなかった会社員
    • 複数の勤め先から給料をもらっている会社員

    税金が還付される場合(還付申告の場合)でも、申告の手続き自体は通常の確定申告と変わりません。「自分の申告内容がどっちのパターンかわからない!」という人は、念のため3月15日までに申告書類を提出できるよう準備をしましょう。

    >>還付申告について詳しく【会社員向け】
    >>還付申告について詳しく【個人事業主向け】

    2023年の変更点・注意点まとめ

    2023年の確定申告(2022年分の確定申告)では、下記のような変更点・注意点があります。

    このうち、特に大きな変更は「確定申告書A・Bの統合」です。2022年分の確定申告からは「申告書A」と「申告書B」が一本化され、全員が同じ「申告書」を使います。

    2022年分から確定申告書Aがなくなる(様式の廃止・統合)

    新しい申告書は、従来の「申告書B」に似た様式になっています。これまで「申告書A」を使っていた会社員などは、あらかじめ新様式を確認しておくとよいでしょう。

    \ この記事をSNSでシェアする /
    PICKUP POSTS
    ピックアップ記事
    マネーフォワード クラウド確定申告
    自営業の専門メディア 自営百科
    最新情報はSNSアカウントで