自営業がとことん分かるメディア

人気スマホ決済の決済手数料を比較【2021年〜2022年】

更新日: 2021/09/06 投稿日: 2021/09/01
人気スマホ決済の決済手数料を比較【2021年〜2022年】

長らく0%だったPayPayの決済手数料が、2021年10月1日以降ついに有料化します。他のQR・バーコード決済サービスが、これに合わせて打ち出したキャンペーンをまとめました。本記事は、スマホ決済サービスを導入する店舗向けの情報です。

INDEX

目次

    スマホ決済の手数料【比較一覧表】

    PayPayの決済手数料は2021年9月30日までは「0%」で、2021年10月1日からは「1.60% or 1.98%」となります。「楽天ペイ」と「au PAY」は逆に、2021年10月1日から手数料無料になるキャンペーンを打ち出しています。

    スマホ決済の手数料比較

    PayPay 楽天ペイ d払い au PAY
    PayPayアイコン 楽天ペイアイコン d払いアイコン au Payアイコン
    通常の
    決済手数料
    1.60%
    or
    1.98%
    3.24%
    or
    3.74%
    2.6% 2.6%
    キャンペーン
    手数料
    実質無料 無料 無料
    キャンペーン
    期間
    2021/10/1
    ~2022/9/30
    2021/9/1
    ~2022/9/30
    2021/10/1
    ~2022/9/30
    対象加盟店 新規加盟店のみ 全加盟店
    (新規・既存問わず)

    「d払い」は一足はやく、2021年9月1日から決済手数料が無料になるキャンペーンを開始しました。

    PayPay

    PayPay

    • 2021年9月30日までは、決済手数料「無料」
    • 2021年10月1日から、決済手数料は「1.60% or 1.98%」
    • 1.60%の適用には「PayPayマイストア ライトプラン」への加入などが条件

    「PayPayマイストア ライトプラン」とは、PayPayアプリ上でお店の情報を発信・宣伝するための有料プランです。現在、加入から2ヶ月間は無料でライトプランを利用できるキャンペーンを行っています(終了時期未定)。

    PayPayではこの他にも、決済額の合計から3%(上限100万円)を店舗に還元してくれるキャンペーンも行っています。こちらは、期間中の「PayPayマイストア ライトプラン」への加入&キャンペーンへのエントリーが必須です。

    お店のPayPay決済額合計の3%振り込みますキャンペーン

    楽天ペイ

    楽天ペイ

    • 通常の決済手数料は「3.24%」
    • 2021年10月1日〜2022年9月30日は、決済手数料「実質0円」
    • 期間内に申し込めば、たいていの店はキャンペーン対象店になる
    • 振込手数料の実質無料キャンペーンも同時開催

    楽天ペイの「決済手数料が実質0円」は、決済手数料の全額キャッシュバックを指しています。決済のたびに3.24%~の手数料がかかるのは変わりませんが、それらが翌月にまとめて還元される、というキャンペーンです。

    楽天ペイでは、この他にも、通常2万円近いカードリーダーの無償提供キャンペーンを行っています(2021年12月27日まで)。ただし、こちらは条件を達成しなければカードリーダー代を請求されるので、注意しましょう。

    楽天ペイの決済手数料 実質0円キャンペーン

    d払い

    d払い

    • 通常の決済手数料は「2.6%」
    • 2021年9月1日〜2022年9月30日は、決済手数料「無料」
    • 期間中にWEBからの申し込み&加盟店登録でキャンペーン対象
    • WEB申し込みの際には必ず「共通QRコード」を選ぶ

    d払いの「共通QRコード」は、「d払い」でも「メルペイ」でも支払いが可能なQRコードを指しています。店頭にこれを掲示するだけで、d払いユーザーのみならずメルペイユーザーの取り込みも狙えます。

    今回、決済手数料が無料になるのは「共通QRコードから、d払いで行われた決済」のみです。同じコードから支払われていても、メルペイでの決済は対象になりません。

    d払いをはじめる街のお店を応援!手数料無料キャンペーン

    au PAY

    au PAY

    • 通常の決済手数料は「2.6%」
    • 2021年10月1日〜2022年9月30日は、決済手数料「無料」
    • 加盟店でさえあれば、新規でも既存でも決済手数料は無料
    • 今なら「早期振込サービス」の振込手数料も無料

    au PAYの「早期振込サービス」は、通常の入金サイクル(月1回 or 2回)以外のタイミングで入金してもらえるサービスです。本来、入金ごとに210円(税込)がかかりますが、コロナ禍の影響で、当面の間は無料利用できます。

    au PAYの決済手数料無料キャンペーン

    スマホ決済4社の比較まとめ

    人気のスマホ決済4社の比較ポイントをまとめると、下表のとおりです。決済システム利用料無料で展開していたPayPayの新手数料が発表され、各社がそれに対抗するかたちで、期をずらして1年間手数料無料のキャンペーンを行うかたちになりました。

    PayPay 楽天ペイ d払い au PAY
    PayPayアイコン 楽天ペイアイコン d払いアイコン au Payアイコン
    メイン
    利用率*
    46.1% 16.9% 14.8% 13.4%
    初期費用 無料
    月額費用 無料
    決済手数料
    (通常)
    1.60%
    or
    1.98%
    3.24%
    or
    3.74%
    2.6% 2.6%
    キャンペーン手数料 実質無料 無料 無料
    キャンペーン
    期間
    2021/10/1
    ~2022/9/30
    2021/9/1
    ~2022/9/30
    2021/10/1
    ~2022/9/30
    入金サイクル 最短翌日 最短翌日 定期入金のみ
    (月1~2回)
    最短翌々日
    振込手数料 0円
    or
    105円
    0円
    or
    330円
    0円
    or
    200円
    0円
    or
    210円
    導入
    スピード
    約7日 3日~14日 2日以上 約7~10日
    運営 PayPay 楽天 NTTドコモ KDDI
    PayPay 楽天ペイ d払い au PAY

    *MMD研究所より

    これまで決済システム利用料無料や「100億円あげちゃうキャンペーン」で攻めのプロモーションを展開していたPayPayが大幅にシェアを伸ばしましたが、この手数料無料キャンペーン期間で各社がどれほど追随できるかに注目が集まります。