自営業がとことん分かるメディア

弥生が「確定申告e-Taxオンライン」を発表!Macでスムーズな電子申告が可能に

更新日: 2022/01/27 投稿日: 2021/12/16
弥生が「確定申告e-Taxオンライン」を発表!Macでスムーズな電子申告が可能に

2021年12月16日、会計ソフトメーカーの弥生は「確定申告e-Taxオンライン」の提供予定を公表しました。これがリリースされると、Macで弥生のクラウド会計ソフトを使っている個人事業主も、スムーズに電子申告ができるようになります。

本記事は2021年時点の情報をもとに作成しています。最新の情報については下記の記事をご覧ください。
>> クラウド会計ソフトのe-Tax対応まとめ【2022年版】

INDEX

目次

    「確定申告e-Taxオンライン」ってなに?

    弥生は、2022年1月下旬ごろから「確定申告e-Taxオンライン」の提供を開始すると発表しました。これは、Macで弥生の会計ソフトを使っている個人事業主が、電子申告を行いやすくするためのソフトです。

    「確定申告e-Taxオンライン」の対象者

    ※ Windowsユーザーには関係ありません

    現状、Macユーザーが弥生ソフトで電子申告をするには、会計ソフトで作った申告データを「国税庁のソフトに取り込んでから送信する」という手順が必要です。しかし「確定申告e-Taxオンライン」を使えば、もっとスムーズにデータを送信できるようになります。

    【どう変わる?】弥生ソフトの電子申告

    現状 2021年分の確定申告から
    Mac 電子申告には
    「e-Taxソフト(WEB版)」を使う
    「確定申告e-Taxオンライン」で
    簡単に電子申告ができる!
    Windows 「確定申告e-Taxモジュール」で
    簡単に電子申告ができる

    上記のとおり、Windowsユーザーにはもともと電子申告用のソフト(確定申告e-Taxモジュール)が提供されています。ソフトの名称は微妙に異なりますが、2021年分の確定申告からは、Macユーザーも同じように電子申告がラクになります。

    「確定申告e-Taxオンライン」を使う流れ

    前提として「確定申告e-Taxオンライン」を利用する際には、個人認証を行うために下記の2つが必須です。マイナンバーカードを使わずに個人認証をする方法(ID・パスワード方式)は選択できません。

    「確定申告e-Taxオンライン」の利用に必要なもの

    • マイナンバーカード
    • マイナンバーカードの読み取りに対応したスマホ

    >> マイナンバーカードの読み取りができるスマホ一覧 – 公的個人認証サービス

    マイナンバーカードに対応したスマホとしては、たとえば「7」以降のiPhoneや、ここ数年で発売されたAndroid端末などが挙げられます。なお、カード読み取りの専用機器(いわゆる「ICカードリーダー」)は使えないので注意しましょう。

    「確定申告e-Taxオンライン」を使った電子申告の流れ

    「確定申告e-Taxオンライン」による電子申告(弥生)

    まず「やよいの白色申告 オンライン」か「やよいの青色申告 オンライン」で、確定申告書類を作成します(ここまでは従来と同じ)。書類の作成後は、ソフト上からスムーズに「確定申告e-Taxオンライン」を起動できるようになる見込みです。

    「確定申告e-Taxオンライン」を起動したら、マイナンバーカードをスマホで読み取って個人認証を行います。スマホには、あらかじめ「弥生 電子署名アプリ」という読み取り用のアプリをインストールしておきましょう(アプリも2022年1月に公開予定)。

    他社ソフトとの比較【電子申告の対応状況】

    近年、大手の会計ソフトは相次いで「国税庁のソフトを使わずに電子申告できる!」という機能をリリースしています。これは電子申告のしやすさに直結する機能なので、会計ソフト選びの際には対応状況をチェックしておきましょう。

    大手会計ソフトメーカー3社の比較【電子申告の対応状況】

    弥生 freee マネーフォワード
    パソコンからの
    電子申告
    Mac
    2022年1月頃から
    △*
    Windows △*
    スマホからの
    電子申告
    iOS ×
    Android ×

    * 国税庁の「e-Taxソフト(WEB版)」を使う必要あり

    「確定申告e-Taxオンライン」のリリースにより、弥生の会計ソフトはWindowsとMacのどちらでもオススメできるものになります。「電子申告はパソコンからやるよ」という個人事業主にとっては、申し分のない対応状況と言えるでしょう。

    一方、弥生はスマホアプリの機能をかなり絞っているので、スマホからの電子申告に対応するのはまだ先になりそうです。「確定申告をスマホだけで済ませたい」という個人事業主は、freeeマネーフォワードを検討してもよいでしょう。

    \ この記事をSNSでシェアする /
    PICKUP POSTS
    ピックアップ記事
    マネーフォワード クラウド確定申告
    自営業の専門メディア 自営百科
    最新情報はSNSアカウントで