自営業がとことん分かるメディア

個人事業主が税務調査で聞かれること – よくある質問と対応のポイント

更新日: 2022/07/29 投稿日: 2022/07/29
個人事業主が税務調査で聞かれること – よくある質問と対応のポイント

個人事業主・フリーランスが税務調査で聞かれがちな質問を紹介します。例年、7月~12月は税務調査の件数が増えると言われているので、心の準備をしておくとよいかもしれません。

INDEX

目次

    税務調査でよく質問される項目

    「税務調査」とは、税金の申告漏れがありそうな人をねらって、税務署の職員などが直接訪問して調査することをいいます。個人事業主やフリーランスの税務調査では、よく下記のような質問をされるようです。

    個人事業主やフリーランスが税務調査でよく聞かれる質問

    「なんで調査官がこんなこと聞くの?」と思うかもしれませんが、大抵は「売上を隠していないか」「経費を水増ししていないか」を遠回しに確認しているのです。ですから、どんな質問であっても、聞かれたことにだけ端的に答えるよう心がけましょう。

    とくに趣味に関する質問などは、つい軽い気持ちで余計なことを答えてしまいがちです。たとえば、聞かれてもいないのに「ドライブが趣味で~最近〇〇に行って~」などと喋ってしまうと、旅費交通費に疑いが向けられるかもしれません。

    もし税務調査が入ったら – 対応のポイント

    税務調査では、申告漏れがないか確かめるため、様々な角度から質問されます。調査官の質問には以下のポイントを踏まえて回答し、余計な疑いを与えないことが重要です。

    • 聞かれたことだけ答えて、事実だけを述べる
    • 記憶があいまいなら「わからない」と答える
    • その場で答えられない質問は、後日でも構わない

    税務調査では事実だけを淡々と答えればOKですが、なかにはよく覚えていない質問もあるでしょう。そんなときは素直に「わからない」「記憶にない」と答えて構いません。

    \ この記事をSNSでシェアする /
    PICKUP POSTS
    ピックアップ記事
    マネーフォワード クラウド確定申告
    自営業の専門メディア 自営百科
    最新情報はSNSアカウントで