自営業がとことん分かるメディア

協会けんぽと組合健保の違い – 会社員の健康保険を比較

更新日: 2021/05/14
協会けんぽと組合健保の違い – 会社員の健康保険を比較

会社員が加入する医療保険「協会けんぽ」と「組合健保」の比較情報をまとめました。両者の保険料を比較したシミュレーションも載せています。

INDEX

目次

    協会けんぽと組合健保【比較表】

    健康保険
    協会けんぽ 組合健保
    運営者 全国健康保険協会 健康保険組合
    主な加入対象者 組合に入っていない企業の会社員 組合に入っている企業の会社員
    加入者数
    (10万以下を四捨五入)
    約3,940万人 約2,950万人
    保険料の目安
    (月額)
    標準報酬月額の約10% 標準報酬月額の約6~10%
    (組合による)
    会社員の負担割合 50% 50%以下
    (具体的な数値は組合による)
    法定
    給付
    医療費の自己負担 3割負担 (現役世代)
    医療費が高すぎる時の給付 高額療養費・高額介護合算療養費
    入院にかかる給付 入院時食事療養費・移送費など
    出産にかかる給付 出産育児一時金・出産手当金
    葬祭にかかる給付 埋葬料 or 埋葬費
    (死亡した被保険者の状況による)
    家族についての給付 家族療養費・家族埋葬料など

    参考
    「令和2年版厚生労働白書 資料編 保健医療」
    健康保険組合の「おおよその保険料」は、健康保険組合連合会の会員組合の平均値(令和2年度)

    • 協会けんぽも組合健保も、会社員が加入できる保険
    • 保険料は勤務先と分担して支払う
    • 被扶養者(家族など)の保険料はどちらもかからない
    • 基本的な給付(法定給付)の内容は同じ

    会社員の場合、加入する保険を自由に選べるわけではありません。入社した企業が「健康保険組合」に加入していればその組合健保に、そうでないときは協会けんぽに加入します。両者の給付の内容はほとんど変わりませんが、保険料や加入対象者などに違いがあります。

    ① 保険料に関する比較

    協会けんぽ 組合健保
    毎月の保険料 標準報酬月額の約10% 標準報酬月額の10%以下が多い
    会社員が負担する割合 50% 50%以下

    協会けんぽ・組合健保のどちらでも、加入者は企業と分担して保険料を納めることになっています。なお、表内の「毎月の保険料」は企業側の負担も含めています。

    実際に加入者が納める金額は、協会けんぽなら「標準報酬月額の約5%」、組合健保なら「標準報酬月額の5%以下」と考えればよいでしょう。いずれにせよ、保険料は組合健保の方が安くなっていることがほとんどです。

    ② 加入対象者の比較

    協会けんぽ 組合健保
    健康保険組合に入っていない企業の会社員
    (中小企業が多い)
    健康保険組合に入っている企業の会社員
    (大企業が多い)

    協会けんぽ・組合健保のどちらも会社員が加入対象者です。くわえて、もし会社員に扶養する家族がいる場合、彼らを被扶養者として加入させることもできます。このとき、家族は保険料を支払うことなく、組合健保の給付を受けられます。

    ただし、被扶養者として認定されるには「国内に住んでいる」「年収130万円未満」などの要件を満たす必要があります。

    ③ 給付内容の比較

    協会けんぽ 組合健保
    法定給付
    • 窓口での自己負担3割 (給付は7割)
    • 高額療養費
    • 出産育児一時金
    • 家族療養費 など
    付加給付
    • 一部負担還元金
    • 傷病手当付加金
    • 高額療養費付加金 など

    協会けんぽも組合健保も、基本的な給付内容は同じです。これを「法定給付」といい、法律によって「ここまでは最低限やっておいてね」という共通の給付が定められています。

    しかし、組合健保には法定給付のほかに「付加給付」があります。組合ごとに決めた金額を、法定給付に上乗せして給付してもよいことになっているのです。もちろん上限額はありますが、組合健保ならではの福利厚生として嬉しいポイントですね。

    実際に保険料を比べてみた

    今回は、以下の設定に基づいて試算しています。

    世帯主 30代男性(会社員・化粧品関係の企業に勤務)
    勤務地 東京都
    月収 (標準報酬月額) 30万円 or 50万円 or 71万円
    家族 30代の妻と小学生の息子1人
    備考欄 令和3年度の試算

    試算の結果は以下の通りです。表中の金額は、本人の給与から天引きされる毎月の健康保険料です。

    協会けんぽ (東京) 組合健保A 組合健保B
    標準報酬月額:30万円 14,760 10,170 13,800
    標準報酬月額:50万円 24,600 16,950 23,000
    標準報酬月額:71万円 34,932 24,069 32,660
    • 組合健保A:ある化粧品メーカーが単独で運営している組合
    • 組合健保B:化粧品関係の企業が複数集まって成り立っている組合

    組合健保の名称は伏せておきますが、どちらも化粧品関係の企業が属している実在の組合です。試算してみると、A・Bいずれも協会けんぽより保険料が低くなりました。

    とはいえ、これはあくまでも一例です。組合健保の保険料は、その組合が定めている保険料率・負担割合などによって異なります。

    まとめ

    共通点と相違点 - 協会けんぽ・組合健保

    個人事業主とは異なり、会社員は加入する保険を選べません。勤め先の企業が健康保険組合に入っていれば「組合健保」に、そうでないときは「協会けんぽ」に加入すると決まっています。

    保険料の負担割合 – 国民健康保険と比べると

    個人事業主の場合、国保か組合国保のどちらかに加入しても、事業主の保険料は100%本人が負担します。誰かと分担して支払う、ということはありません。

    これに対して会社員の場合、保険料は勤務先の企業と分担して納めます。協会けんぽなら折半、組合健保なら会社員の負担割合がさらに低い傾向にあります。医療保険に関しては、会社員の方が負担は少ないと言えます。