自営業がとことん分かるメディア

ペイトナー・labol・FREENANCEの比較【オンラインファクタリング】

更新日: 2022/05/10
ペイトナー・labol・FREENANCEの比較【オンラインファクタリング】

INDEX

目次

    ペイトナー(旧yup)・labol(旧nugget)・FREENANCE

    本記事で比較するファクタリング「ペイトナー・labol・FREENANCE」では、オンライン審査が済んだら自動的に契約が成立し、速やかに入金されます。面倒な手間をかけたくない事業主にピッタリのサービスです。

    ペイトナー・labol・FREENANCEの比較

    ペイトナー labol
    (ラボル)
    FREENANCE
    (フリーナンス)
    ロゴ画像 - Paytner labol(ラボル) FREENANCE - ロゴ画像
    利用者 個人事業主・法人 個人事業主・法人 個人事業主・法人
    月額基本料金 なし なし なし
    契約方式 審査に通ったら、自動的に成約・入金
    2社間手数料 一律10% 一律10% 3%~10%
    3社間手数料 取扱なし 取扱なし 非公開
    調達可能額 1万円~15万円
    ※初回
    1万円~10万円
    ※初回
    申請上限なし
    個人間の取引 可能 不可 不可
    業歴 不要
    創業直後でも利用可能
    不要
    創業直後でも利用可能
    3ヶ月以上
    担保・保証人 不要 不要 不要
    審査スピード 最短10分 最短60分 最短30分
    審査時の面談 不要 不要 基本不要
    必要ならオンラインで
    支払サイト 70日以内 150日以内 105日以内
    償還請求権 なし
    ノンリコース
    なし
    ノンリコース
    なし
    ノンリコース
    主な必要書類など
    • 請求書
    • 仕事のURL
    • 本人確認書類
    • 請求書
    • メール履歴
    • 本人確認書類
    • 請求書
    • メール履歴
    • 入出金明細
    • 本人確認書類
    • 登記簿謄本(法人のみ)
    ペイトナー labol
    (ラボル)
    FREENANCE
    (フリーナンス)

    ファクタリングの契約方式は、以下のように「自動」と「都度」の2種類に大別して考えるとわかりやすいです。「自動」のほうが、入金までの手間が少ないので便利です。

    • 自動:審査通過の通知があった時点で、自動で契約が成立する
    • 都度:審査に通ったら、その都度あらためて契約を交わす

    「都度契約でもOKだよ!」という事業主は、以下の記事も参考にしてみてください。より幅広く、オンライン完結型のファクタリングサービスを紹介しています。
    オンライン完結型ファクタリング【比較一覧表】ネット契約

    各サービスの特徴をわかりやすく

    「ペイトナー(旧yup)・labol(旧nugget)・FREENANCE」は、いずれもオンライン完結型で自動契約のファクタリングサービスです。各サービスの特徴をざっとまとめておきます。

    「ペイトナー ファクタリング(旧yup 先払い)」の特徴

    ロゴ画像 - Paytner
    • 面倒な提出書類を最小限にしたい人向け
    • 個人顧客との取引でも利用できる
    • 他社サービスとの連携機能が充実している

    「labol(旧nugget)」の特徴

    labol(ラボル)
    • 小規模フリーランス向けに特化したサービス
    • 支払いまで150日以内の売掛金が買取OK
    • 利用実績を積まなくても利用枠を増やせる

    「FREENANCE 即日払い」の特徴

    FREENANCE - ロゴ画像
    • 手数料が「3%~」と比較的安い
    • 最高5,000万円補償の保険が無料付帯する
    • 任意加入の所得補償あり(月額500円)

    以上の特徴を踏まえ、ここからは7つの観点から各ファクタリングサービスを徹底比較していきます。どのサービスも、必要な請求書などが手元に揃っていれば、面倒な手続きはほとんどありません。

    ① 手数料 – 2社間・3社間

    ロゴ画像 - Paytner labol(ラボル) FREENANCE - ロゴ画像
    2社間 一律10% 一律10% 3%~10%
    フリーナンス口座の場合
    3社間 取扱なし 取扱なし 非公開
    ペイトナー(旧yup) labol(旧nugget) FREENANCE

    「ペイトナー」と「labol(ラボル)」は「一律10%」のわかりやすい料金体系です。一方、「FREENANCE(フリーナンス)」は、顧客からの報酬受け取りに「フリーナンス口座」を利用することで、手数料を安く抑えられます。

    FREENANCEの「フリーナンス口座」とは?
    無料で使える振込専用の口座。FREENANCEのサービスを利用する場合、基本的にはこの「フリーナンス口座」で報酬を受け取ることが前提となる。一般の銀行口座でもFREENANCEのファクタリングは利用可能だが、その場合は手数料が割高となる。

    ちなみに、FREENANCEなら、取引先に承諾を得て行う「3社間ファクタリング」も可能です。取引先の承諾を得ない「2社間」に比して売掛金を回収しやすい方式のため、「3社間」を選ぶと手数料がさらに安くなります。

    ※ 3社間は、FREENANCEと提携する「ともだち企業」の売掛金のみ対象

    ② 買い取ってもらえる金額

    ロゴ画像 - Paytner labol(ラボル) FREENANCE - ロゴ画像
    初期上限 15万円 10万~約30万円 申請上限なし
    最大 非公開 非公開
    増やす方法
    • 利用実績を積む
    • 利用実績を積む
    • 与信タスク
    ペイトナー(旧yup) labol(旧nugget) FREENANCE

    「ペイトナー(旧ヤップ)」の利用枠は、初回は15万円までです。繰り返し利用することで、上限額が増えていきます。最大枠は公開されていませんが、50万円以上での利用も多いそうです(自営百科調べ)。

    「ラボル(旧ナゲット)」の初期利用枠は10万円です。しかし、アンケートに答えるなどの「与信タスク」をすべてこなせば、初回利用でも30万円程度まで利用枠を増やせます。

    「フリーナンス」の利用枠は、一律には定められていません。以前は一律で上限(初回25万円・最大1,000万円)が設けられていましたが、現在はいくらでも申請可能です。審査に通った額だけ買い取ってもらえます。

    ③ 業歴 – 創業直後でも利用できるか?

    ロゴ画像 - Paytner labol(ラボル) FREENANCE - ロゴ画像
    創業直後でもOK 創業直後でもOK 3ヶ月以上の
    入出金明細が必要
    ペイトナー(旧yup) labol(旧nugget) FREENANCE

    「ペイトナー(旧yup)」は、創業直後でも利用可能です。買取可能な売掛金さえあれば、業歴は問われません。開業したばかりの個人事業主でもOKです。

    「labol(旧nugget)」の場合、創業直後でも利用申請は可能です。ただし、申請内容によっては、過去の入出金明細を求められることもあります。

    「FREENANCE」は、創業から3ヶ月以上経っていないと利用できません。利用時に、過去3ヶ月以上の通帳などを提出する必要があります。

    ④ 審査スピード・入金までの時間

    ロゴ画像 - Paytner labol(ラボル) FREENANCE - ロゴ画像
    スピード 最短10分 最短60分 最短30分
    即日入金 正午まで 16時まで 11:30まで
    ペイトナー(旧yup) labol(旧nugget) FREENANCE

    「ペイトナー」は、平日の正午までに審査が完了すれば即日入金されます。初回のアカウント作成も、それほど面倒ではありません。メールの認証URLをクリックして本登録するだけです。

    「labol」は、平日16時までに審査が完了すれば即日で入金可能です。初回のアカウント開設も、ペイトナーと同様、メールのURLから登録するだけでOKです。

    「FREENANCE」は、平日11:30までに審査完了すれば即日入金となります。ただし、アカウント開設に3時間前後かかるので、初回利用時は注意しましょう。

    ⑤ 申込みやすさ – 手間・対応地域・営業時間

    ロゴ画像 - Paytner labol(ラボル) FREENANCE - ロゴ画像
    審査面談 不要 不要 基本不要
    必要ならオンラインで
    契約 不要 不要 不要
    対応地域 全国 全国 全国
    営業時間 平日10:00~18:00 平日10:00~19:00 平日9:00~18:00
    サポート
    • チャット
    • メール
    • LINE
    • チャット
    • メール
    • チャット
    • メール
    ペイトナー(旧yup) labol(旧nugget) FREENANCE

    「ペイトナー(旧yup)・labol(旧nugget)・FREENANCE」は、いずれもオンラインのみで審査が完結します。審査に通ったら自動的に契約が成立するので、面倒な手続きも不要です。

    ⑥ 支払いまでの期間(支払サイト)

    ロゴ画像 - Paytner labol(ラボル) FREENANCE - ロゴ画像
    70日以内 150日以内 105日以内
    ペイトナー(旧yup) labol(旧nugget) FREENANCE

    支払いまでの期間(支払サイト)が長い請求書などは、買取対象にならない場合があります。手数料が一定であれば、この期間が長いほどユーザーにとって有利となります。

    支払サイトとは? 売掛金を回収するまでの期間

    たとえば「labol(旧nugget)」なら、150日後に回収する予定の売掛金も買取対象になります。支払サイトに関してはlabolが最も好条件で、その次がFREENANCEです。

    ⑦ 主な必要書類

    ロゴ画像 - Paytner labol(ラボル) FREENANCE - ロゴ画像
    • 請求書
    • 仕事のURL
    • 本人確認書類
    • 請求書
    • メール履歴
    • 本人確認書類
    • 請求書
    • メール履歴
    • 入出金明細
    • 本人確認書類
    • 登記簿謄本(法人のみ)
    ペイトナー(旧yup) labol(旧nugget) FREENANCE

    「ペイトナー(旧yup)」では、仕事で使っているSNS・ホームページなどのURLを提示する必要があります。URLがなければ、直近3ヶ月程度の入出金明細でも代用できます。

    請求書やメール履歴など、売掛金を証明する材料を「エビデンス」といいます。この材料をきちんと提供できれば、買い取りが成立しやすくなります。

    3社の比較まとめ

    「ペイトナー(旧yup)・labol(旧nugget)・FREENANCE」は、すべてオンラインのみで手続きできるファクタリングサービスです。審査通過後は、自動的に最短即日で入金されます。

    ペイトナー・labol・FREENANCEの比較 – 要点まとめ

    ペイトナー labol
    (ラボル)
    FREENANCE
    (フリーナンス)
    ロゴ画像 - Paytner labol(ラボル) FREENANCE - ロゴ画像
    利用者 個人事業主・法人 個人事業主・法人 個人事業主・法人
    2社間手数料 一律10% 一律10% 3%~10%
    3社間手数料 取扱なし 取扱なし 非公開
    調達可能額 1万円~15万円
    ※初回
    1万円~10万円
    ※初回
    申請上限なし
    業歴 不要
    創業直後でも利用可能
    不要
    創業直後でも利用可能
    3ヶ月以上
    支払サイト 70日以内 150日以内 105日以内
    主な必要書類など
    • 請求書
    • 仕事のURL
    • 本人確認書類
    • 請求書
    • メール履歴
    • 本人確認書類
    • 請求書
    • メール履歴
    • 入出金明細
    • 本人確認書類
    • 登記簿謄本(法人のみ)
    ペイトナー labol
    (ラボル)
    FREENANCE
    (フリーナンス)

    手数料では「FREENANCE(フリーナンス)」が最も好条件です。「フリーナンス口座」を利用するのが基本ですが、それに抵抗がなければ登録しておいて損はないサービスです。

    手軽さ・わかりやすさでは「ペイトナー(旧yup)」と「labol(旧nugget)」が優れています。個人事業主・フリーランスなら、どちらを選んでも差し支えないでしょう。

    いずれも月額料金はかからないので、3つともアカウント登録しても構いません。ファクタリングは借金ではありませんから、信用情報にも傷はつきません。用意する書類などは大体同じなので、まとめて登録すれば手間も省けます。

    \ この記事をSNSでシェアする /
    PICKUP POSTS
    ピックアップ記事
    RELATED POSTS
    関連記事
    自営業の専門メディア 自営百科
    最新情報はSNSアカウントで