クラウド型とインストール型の違い【会計ソフトの類型】

更新日: 2020/09/29
クラウド型とインストール型の違い【会計ソフトの類型】

会計ソフトを「クラウド型」と「インストール型」に大別して、それぞれの特徴を比較しました。これから初めて会計ソフトを導入するというのであれば、初心者でも扱いやすいクラウド型の会計ソフトがおすすめです。

INDEX

目次

    クラウド型とインストール型の比較

    数年前までは、ある程度経理ができる人向けにつくられているインストール型が主流でした。現在はクラウド型の台頭により、未経験者でもカンタンに会計業務が行えるようになりました。

    クラウド型とインストール型の比較表

    クラウド型 インストール型
    インストール 不要 必要
    (CD-ROMなど)
    デバイス デバイスを問わない
    (パソコン・タブレット・スマホ)
    パソコン
    費用 ・ソフトの利用料金
    (月額 or 年額)
    ・ソフトの購入費用
    ・バージョンアップ費用(年に1回)
    ネット環境 必要 不要
    対応OS Windows・Macの両方に対応 Windows or Mac
    (ソフトにより異なる)
    画面構成 シンプル
    (初心者・経理経験者向き)
    複雑
    (経理経験者向き)
    自動仕訳の機能 あり なし
    (一部のソフトは対応)
    データの保管先 クラウド上
    (運営会社が管轄するサーバー内)
    ローカルのディスク内

    そもそもクラウドサービスとは、ソフトやデータを端末に保存して持ち歩かなくても、インターネットにさえ接続していれば、いつでもどこでも利用できるサービスのことです。身近なものでは、GmailやYahoo!メールといったサービスが当てはまります。

    2014年頃から、クラウド型の会計サービスが一般に普及し始めました。操作しやすいインターフェイスや、AIが仕訳を提案してくれる機能など、従来のインストール型よりも利便性が大きく改善されているのが特徴です。

    ① 利用方法の違い – 対応デバイスなど

    クラウド型は、パソコンなどをインターネットに接続させ、ログインして利用します。対してインストール型は、ソフトそのものをパソコンにインストールする必要があります。

    クラウド型とインストール型 利用方法の違い

    クラウド型ならタブレットやスマホでも利用可能

    クラウド型の会計ソフトは、パソコンに限らずさまざまなデバイスに対応しています。ウェブブラウザ(Google ChromeやSafariなど)から会計ソフトのサイトにアクセスして、登録しているメールアドレスとパスワードを入力するだけで利用可能です。

    各ソフトは、スマホ用のアプリも提供しています。アプリ版なら、スマホの小さな画面でもストレスなく操作できます。帳簿づけなどの基本機能以外に、スマホのカメラで領収書の情報を読み取れる機能を搭載しているものもあります。

    インストール型はセットアップが必要

    インストール型のソフトを使うには、パソコンにインストールをするデータが必要です。パッケージ版を購入した場合は、同梱のCD-ROMからパソコンにインストールします。ダウンロード版の場合、購入サイトからソフトのデータをダウンロードします。

    このように、インストール型はパソコンで使うのが基本です。ちなみに、インストール型でも「やよいの青色申告」なら、領収書の読み取りで使えるスマホアプリと連携できます。

    ② 利用料金について

    初期費用やバージョンアップにかかる費用についても、クラウド型とインストール型では異なります。ただ、トータルで見ればどちらを選んでも毎年1万円前後の料金を支払うことになるので、大きな違いとはいえません。

    クラウド型 インストール型
    基本料金 月額または年額で契約 ソフトを購入
    バージョンアップ 無料 有料 (年に1回)

    好きなプランを選んで契約するクラウド型

    クラウド会計ソフトの相場は、月額だと1,000円前後~、年額だと1万円前後~です。複数のプランを提供しており、サポートなどが充実するにつれて利用料金が上がっていきます。

    インストール型でもほぼ毎年料金を支払うことに

    インストール型の会計ソフトを導入する際は、ソフトそのものを購入する費用がかかります(1万円前後)。ただし買い切りというわけではなく、バージョンアップのたびに更新料金を支払わなければなりません。

    バージョンアップ版は、元の購入費用よりいくらか低い値段で購入できます(割引率はおよそ1~3割)。法改正に伴ってアップデートされるので、インストール型であっても結果的には毎年料金を支払うことになります。

    ③ インターフェイスの比較

    会計ソフトにもよりますが、クラウド型の会計ソフトはインターフェイスがわかりやすく、説明書を見なくても操作できます。インストール型はやや古めかしいデザインのものが多く、使いこなすには簿記の知識がある程度必要です。

    トップ画面の比較

    クラウド型
    (やよいの青色申告 オンライン)
    インストール型
    (弥生会計)
    やよいの青色申告 オンライン トップページ 弥生会計 トップページ画面

    上の画像は、どちらも同じ会社(弥生)が提供している会計ソフトです。トップ画面を見比べるだけでも、その差は歴然です。クラウド型はインストール型と比べると簿記の知識がなくても利用できるソフトが多いので、初めてでも扱いやすいです。

    ④ 自動仕訳機能の有無

    自動仕訳とは、金融機関(銀行口座やクレジットカードなど)を登録することで明細データを自動で読み込み、仕訳をしてくれる機能のことです。たいていのクラウド型会計ソフトには、自動仕訳の機能が備わっています。

    クラウド型とインストール型 仕訳方法の違い

    クラウド型なら、明細データを自動的に取得できるので、金額の入力間違いなどを極力減らすことができます。インストール型の会計ソフトは、基本的に自動仕訳の機能を搭載していません。そのため、すべてのデータを自分自身で入力する必要があります。

    マネーフォワード クラウド確定申告 自動仕訳画面

    上は、クラウド型の会計ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」の画面です。取得した明細データをAIが自動で仕訳して、勘定科目を提案してくれます。このおかげで、ユーザーが最終確認をして登録するだけで完了します。

    インストール型の会計ソフトでも自動仕訳の機能が搭載しているソフトがちらほらありますが、全体的にはクラウド型のほうが連携対応は進んでいます。

    ⑤ 安全性はどちらが高い?

    クラウド型は、運営会社のサーバーへ会計データが自動バックアップされるので、データ消失のリスクは限りなく低いです。一方インストール型は、ユーザー自身で工夫しなければデータのバックアップ先がローカルのコンピュータになり、データ消失のリスクは比較的高いといえます。

    基本的なバックアップデータの保管先

    クラウド型 インストール型
    運営会社が管轄するサーバー内 ローカルのディスク内

    クラウド型の場合、データはパソコン本体ではなく、運営会社のサーバーへ自動的に保存されます。そのため、パソコンのウイルス感染や故障による影響は受けません。また、複数のサーバーで管理しているので、一箇所が災害に見舞われたとしてもデータが消失することはありません。

    インストール型の場合、ユーザー自身でクラウドサービスへのバックアップ設定をしなければ、バックアップデータの保管先は自宅(あるいはオフィスなど)のローカルエリアにとどまります。これでは盗難や災害など、物理的なリスクを低減できません。

    重要なデータは暗号化されているので、クラウド型でも安心

    クラウドサービスと聞くと、情報漏洩について不安に思う方もいるかもしれません。クラウド型会計ソフトのセキュリティは、金融機関と同程度の水準といわれています。ユーザーのメールアドレスや、金融機関にアクセスするためのデータなどは暗号化されているので、安心して利用できます。

    クラウド型とインストール型の特徴を整理

    会計ソフトは、会計業務の効率化に大きく貢献してくれます。これから会計ソフトを導入するのであれば、初心者にもやさしいクラウド型の会計ソフトがおすすめです。

    クラウド型とインストール型の比較表

    クラウド型 インストール型
    インストール 不要 必要
    (CD-ROMなど)
    デバイス デバイスを問わない
    (パソコン・タブレット・スマホ)
    パソコン
    費用 ・ソフトの利用料金
    (月額 or 年額)
    ・ソフトの購入費用
    ・バージョンアップ費用
    (年に1回)
    ネット環境 必要 不要
    対応OS Windows・Macの両方に対応 Windows or Mac
    (ソフトにより異なる)
    画面構成 シンプル
    (初心者・経理経験者向き)
    複雑
    (経理経験者向き)
    自動仕訳
    の機能
    あり なし
    (一部のソフトは対応)
    データの
    保管先
    クラウド上
    (運営会社が管轄するサーバー内)
    ローカルのディスク内
    ソフトの一例
    (個人事業
    向け)
    やよいの青色申告 オンライン
    会計freee(フリー)
    マネーフォワード クラウド確定申告
    • やよいの青色申告
    • みんなの青色申告
    • やるぞ!青色申告

    クラウド会計ソフトはパソコン以外のデバイスでも使用可能なので、空いた時間にスマホからサクッと取引を登録することもできます。シンプルな画面構成なので、操作方法で迷うことはそうないでしょう。

    一方、インストール型は帳簿類の前提知識がある人でないと使いにくいです。経理の経験があり、パソコンでしか会計業務を行わないという場合なら、インストール型の会計ソフトを利用してもいいかもしれません。