自営業がとことん分かるメディア

freeeとマネーフォワードを徹底比較!個人事業主の会計ソフト

更新日: 2022/09/20
freeeとマネーフォワードを徹底比較!個人事業主の会計ソフト

本記事では、個人事業主向けに「freee」と「マネーフォワード」のクラウド会計ソフトを徹底比較します。料金・機能・使いやすさなどの観点から、詳しく解説していきます。

INDEX

目次

    freeeとマネーフォワードを徹底比較!【一覧表】

    本記事では「freee会計」と「マネーフォワード クラウド」を比較します。どちらも個人事業主やフリーランスの白色申告・青色申告に対応しています。

    freee・マネーフォワードの違いをわかりやすく【一覧表】

    freee会計 マネーフォワード クラウド
    ホーム画面 freee トップページ画面 マネーフォワード 確定申告 トップページ画面
    料金
    (税込)
    スターター
    1,298円/月
    12,936円/年

    スタンダード
    2,618円/月
    26,136円/年

    プレミアム
    43,780円/年
    パーソナルミニ
    1,078円/月
    10,560円/年

    パーソナル
    1,408円/月
    12,936円/年

    パーソナルプラス
    39,336円/年
    帳簿付け
    自動仕訳
    レシート撮影 ○*
    確定申告書の作成
    電子申告(e-Tax)
    請求書の作成 ○* ○*
    スマホアプリ
    分析レポート ○* ○*
    従業員管理
    消費税申告 ○* ○*
    サポート
    • メール
    • チャット
    • 電話*
    • 税務調査補償*
    • 乗り換え代行*
    • メール
    • チャット
    • 電話*
    freee会計 マネーフォワード クラウド

    * 料金プランによって制限あり

    freee会計では、2022年12月から全プランの「月額料金」が300円ほど値上げされる(年額契約の場合は影響なし)。
    >> freeeの価格改定について詳しく【2022年12月〜】

    freeeとマネーフォワードは、どちらもバックオフィス業務全般を広くカバーできるサービスです。基本的な帳簿付けや確定申告はもちろん、自動仕訳(取引データの自動取込)や電子申告、請求書の作成にも対応しています。

    「freee会計」に向いている人

    • 会計ソフトを使ったことがない
    • スマホやタブレットで手軽に操作したい
    • 帳簿付けの自動化を徹底したい

    >> freee会計(公式)

    「マネーフォワード クラウド」に向いている人

    • 幅広い機能を低コストで利用したい
    • ちょっとでも会計知識がある
    • 家計簿アプリ「マネーフォワードME」に興味がある

    >> マネーフォワード クラウド(公式)

    「マネーフォワード クラウド」は、バックオフィス業務を支える複数のサービスがセットになっています。追加料金なしで「クラウド確定申告」「クラウド請求書」などを利用できます。必要なサービスを選んで、業務フローに組み込みましょう。

    ① 料金プラン

    「freee会計」と「マネーフォワード クラウド」は、料金プランが3段階に分かれています。一般的な個人事業主・フリーランスであれば、最安プランでも事足りるでしょう。

    【最安プラン】一般的な個人事業主・フリーランス向け

    freee マネーフォワード
    料金
    (税込)
    スターター
    1,298円/月
    12,936円/年
    パーソナルミニ
    1,078円/月
    10,560円/年
    レシート撮影 月5枚まで 枚数制限なし
    請求書の作成 機能制限あり 機能制限あり
    従業員管理 「freee人事労務」を使う
    (別料金)
    消費税申告 × ×
    サポート
    • メール
    • チャット
    • メール
    • チャット

    基本的な「帳簿付け~確定申告」の機能は、最安プランでも利用できます。銀行口座・クレカの明細を自動で取り込む「自動仕訳」も、すべてのプランで使えます。

    【ミドルプラン】消費税申告が必要な課税事業者向け

    freee マネーフォワード
    料金
    (税込)
    スタンダード
    2,618円/月
    26,136円/年
    パーソナル
    1,408円/月
    12,936円/年
    レシート撮影
    請求書の作成
    従業員管理 「freee人事労務」を使う
    (別料金)
    消費税申告
    サポート
    • メール
    • チャット
    • メール
    • チャット

    消費税の確定申告は、前々年の年間売上が1,000万円を超えた場合などに行います(課税事業者)。消費税申告に備える必要があれば、上記のプランが適しています。

    【ハイプラン】手厚いサポートが必要な初心者向け

    freee マネーフォワード
    料金
    (税込)
    プレミアム
    43,780円/年
    パーソナルプラス
    39,336円/年
    レシート撮影
    請求書の作成
    従業員管理 「freee人事労務」を使う
    (別料金)
    消費税申告
    サポート
    • メール
    • チャット
    • 電話
    • 税務調査補償
    • 乗り換え代行
    • メール
    • チャット
    • 電話

    上記のプランであれば、どちらも電話サポートを受けられます。さらに、freeeの「プレミアム」には「税務調査補償」や「乗り換え代行」といった独自のサポートがつきます。

    ② 手入力での帳簿付け

    帳簿付けのもっとも基本的な機能として、勘定科目や金額などを手入力する画面を紹介します。どちらも取引内容を入力するだけで、複式簿記での帳簿付けが可能です。

    シンプルな入力画面 – freee・マネーフォワード

    freee マネーフォワード
    【freee】手入力での帳簿付け(複式) - 取引の一覧・登録 簡単入力 - マネーフォワード

    freeeは、初心者向けのガイドが丁寧です。必須項目もわかりやすく、どこに入力すればよいか一目瞭然です。マネーフォワードは、すっきりした画面で見やすいです。カレンダーで日付選択できるのも地味に便利です。

    一括編集用の画面 – freee・マネーフォワード

    freee マネーフォワード
    取引の一括編集画面 - freee 仕訳帳の一括編集画面 - マネーフォワード

    freeeは、複数の条件で絞り込み検索を行い、取引内容の一括編集ができます。ただ、複式簿記の形式で直接編集できるわけではないので、会計知識がある人は少々もどかしく感じるかもしれません。

    マネーフォワードでも同様に、仕訳帳(取引を複式簿記の形式で時系列順に記録した帳簿)の絞り込み検索や一括編集が可能です。ただし、複式簿記の形式なので、ちょっとだけ会計知識が必要となります。

    ③ 自動取込での帳簿付け(自動仕訳)

    クラウド会計ソフトは、銀行やクレカの明細を自動で取り込んで、帳簿用のデータに変換してくれます。この機能を俗に「自動仕訳」と言います。ユーザーは内容をチェックして、問題があれば修正し、なければそのまま登録するだけでOKです。

    自動取込機能の比較 – 自動仕訳

    freee マネーフォワード
    仕訳の
    チェック画面
    自動取込での帳簿付け - 自動で経理 マネーフォワード 自動仕訳した取引データ画面
    記帳の完全自動化 ×
    同期の頻度 週2回 1日1回
    連携できる
    サービスの例
    連携できるサービスの例(電子マネー)- freee 連携できるサービスの例(電子マネー)- マネーフォワード

    freeeは、帳簿付けの「完全自動化」も可能です。電気代がこの口座から引かれたら水道光熱費で記帳する、といった「自動登録ルール」を前もって設定することで、ユーザーのチェックなしでも帳簿付けが完結します。

    マネーフォワードは、同期の頻度や、連携サービスの多さで優っています。家計簿アプリ「マネーフォワードME」とも連携可能で、事業と家計の一元管理も得意です。ただし、freeeのような「完全自動化」はできません。ソフトの仕訳提案をユーザーが確認し、取引ごとに登録ボタンを押していく手間があります。

    freeeは楽天銀行と自動連携できない
    2022年2月24日以降、freeeは楽天銀行から自動取込ができなくなりました。楽天銀行での取引をfreeeへ登録する際は、明細を自分でアップロードする必要があります。

    ④ レシート撮影による帳簿付け

    freeeとマネーフォワードのスマホアプリを使えば、撮影したレシートの画像解析ができます。下記のように、金額などが自動で取り込まれます。現金で支払った経費なども自動仕訳と同じように処理できるので、非常に便利な機能です。

    レシート撮影機能の比較 – freee・マネーフォワード

    freee マネーフォワード
    撮影に使う
    スマホアプリ
    freee会計 - アプリアイコン マネーフォワード ME - アプリアイコン
    撮影画面
    (スマホ)
    freee会計アプリ - レシート撮影画面 マネーフォワードME - レシート撮影画面
    料金プラン
    による制限
    「スターター」では
    月5件まで
    制限なし

    freeeでは「レシート撮影~画像解析~取引の登録」まで、すべての操作を同じアプリで行えます。また「スキャナ保存(電子帳簿保存法4条3項)」にも対応しており、あらかじめ設定しておけば、撮影した紙のレシートはすぐに捨ててもOKです。

    マネーフォワードでは、無料の家計簿アプリ「マネーフォワードME」を使えば、レシートの画像解析が簡単にできます。ただし、撮影したレシートは紙のまま7年保存するか、「クラウドBOX」へ画像をアップロードしておきましょう。

    ⑤ 確定申告書類の作成

    freeeとマネーフォワードは、所得税の確定申告書類を簡単に作成できます。以下のように、どちらも作成できる書類は同じで、目立った違いはありません。

    確定申告書類の作成機能 – freee・マネーフォワードの作成画面など

    freee マネーフォワード
    作成画面 確定申告書の作成 - freee 確定申告書の作成 - マネーフォワード
    確定申告書B
    第一表・第二表
    第三表
    (分離課税用)
    第四表
    (損失申告用)
    第五表
    (修正申告用)
    × ×

    通常の確定申告では、上記のうち第一表・第二表さえ提出できればOKです。freeeとマネーフォワードは、このどちらにも対応しています。

    作成画面のインターフェイスは、freeeのほうが初心者への配慮が行き届いている印象です。マネーフォワードの画面も見やすいですが、ガイド文については比較的簡素なものが多く、初心者には読み解きづらい場合があります。

    ⑥ 電子申告(e-Tax)

    freeeやマネーフォワードで作成した確定申告書類は、e-Taxによりオンライン提出できます(電子申告)。マイナンバーカードの読み取りに対応したiPhoneやAndroidスマホを使って、自宅からでも簡単に申告できます。

    スマホを使った電子申告 – freee・マネーフォワード

    freee マネーフォワード
    操作画面 電子申告の流れ - freeeのスマホアプリ 電子申告の流れ - マネーフォワードのスマホアプリ
    対応OS iOS・Android iOS・Android
    マイナンバーカード 必要 必要
    ICカードリーダー 不要 不要

    スマホ申告に必要なアプリは、無料でダウンロードできます。追加料金もかかりません。iPhone7以降の機種や、最近のAndroidスマホなら大体はスマホ申告に対応しています。

    ちなみに、freeeとマネーフォワードのどちらも、パソコンにICカードリーダーを接続する昔ながらの方法も利用できます。すでにICカードリーダーでの申告に慣れている事業主でも安心です。

    ⑦ 請求書の作成

    freeeとマネーフォワードは、最安プランから請求書を作成可能です。これにより、きれいな請求書をネットで簡単に作成することができます。また、請求書の情報をそのまま会計ソフトに反映できるので、売掛金の記帳漏れや転記ミスの防止などに役立ちます。

    請求書等の作成機能 – freee・マネーフォワード

    freee マネーフォワード
    作成画面 請求書の作成画面(freee会計) 請求書の作成画面(マネーフォワード クラウド請求書)
    料金プラン
    による制限
    枚数 制限なし 制限なし
    作成機能 「スターター」は
    一部制限あり
    「パーソナルミニ」は
    一部制限あり
    郵送代行の料金
    (税込)
    165円/通 【パーソナルミニ】
    209円/通

    【パーソナル】
    【パーソナルプラス】

    187円/通
    主な対応書類
    • 請求書
    • 見積書
    • 納品書
    • 領収書
    • 発注書
    • 請求書
    • 見積書
    • 納品書
    • 領収書
    「郵送代行サービス」とは?
    請求書などを取引先へ郵送する業務を代行してくれるサービス。ユーザーは封筒や切手を用意したり、封入・宛名書き・投函を行ったりする必要がなく、クラウド上の編集画面からボタン一つで郵送代行を依頼できる。なお、PDFファイルをメール添付する場合や、自らプリントアウトして郵送する場合、このサービスは不要。

    freeeの「スターター」プランでは、定期的に自動発行する機能(定期請求)や、複数の見積書・納品書から合算請求書を発行する機能(合算請求)が利用できません。

    マネーフォワードも、最安プランの「パーソナルミニ」では高度な機能が使えません。ただ、「パーソナル」へプラン変更すれば、すべての機能が利用可能となります。差額は月330円なので、それほど負担にはなりません。

    ⑧ スマホアプリ

    freeeとマネーフォワードのスマホアプリを使えば、スマホやタブレットでも記帳できます。移動のスキマ時間などで、ちょこっと帳簿付けするのに便利です。

    【スマホで帳簿付け】アプリの性能比較 – freee・マネーフォワード

    freee マネーフォワード
    ホーム画面 スマホアプリ版のホーム画面 - freee スマホアプリのホーム画面 - マネーフォワード
    対応OS iOS・Android iOS・Android
    帳簿付け
    自動取込の設定
    レシート撮影
    別アプリを併用
    確定申告書の作成
    スマホから電子申告
    別アプリを併用
    分析レポートの表示

    freeeの場合は、帳簿付け~確定申告まで、ほとんどのことはスマホアプリだけでも行えます。パソコンを普段あまり使っていない事業主でも、スマホ・タブレットから簡単に操作できます。

    マネーフォワードのスマホアプリは、パソコンよりシンプルで使いやすいです。細かな設定にはパソコンが必要ですが、簡単な帳簿付けならスマホアプリでも問題ありませんし、スマホアプリでの確定申告も可能です。

    ⑨ 分析レポート

    帳簿に基づいて、以下のような分析レポートが生成されます。わかりやすく視覚化することで、経営分析や記帳ミスの防止にも役立てることができます。

    分析レポートの比較 – freee・マネーフォワード

    freee マネーフォワード
    分析レポートの画面 - freee 分析レポート画面の例 - マネーフォワード
    【スターター】
    ・損益レポート
    ・現預金レポート

    【スタンダード】
    【プレミアム】
    ・損益レポート
    ・収益レポート
    ・費用レポート
    ・現預金レポート
    ・資金繰りレポート
    ・集計表(ピボット分析)
    【パーソナルミニ】
    ・キャッシュフローレポート

    【パーソナル】
    【パーソナルプラス】
    ・キャッシュフローレポート
    ・収益レポート
    ・費用レポート
    ・得意先レポート
    ・仕入先レポート

    freeeは、マウスやタッチパネルでの操作にも適しています。マネーフォワードは、キーボードを使ったほうがサクサク操作できます。

    ⑩ ユーザーサポート

    ユーザーサポートでは、主にソフトの操作方法・料金などについて質問できます。ただし、サービスに直接関係ない税務相談などは受け付けていないようです。

    ユーザーサポートの詳細比較 – freee・マネーフォワード

    freee マネーフォワード
    サービスに関する質問 【スターター】
    メール・チャット

    【スタンダード】
    メール・チャット(優先対応)

    【プレミアム】
    メール・チャット(優先対応)
    電話
    【パーソナルミニ】
    【パーソナル】
    メール・チャット

    【パーソナルプラス】
    メール・チャット・電話
    有人チャット対応 平日
    10:00~12:00
    13:00~18:00
    平日
    10:30~17:00
    電話対応 平日(事前予約制)
    10:00~12:00
    13:00~18:00
    平日
    10:30~17:00
    その他のサポート 【プレミアムのみ】
    税務調査補償
    乗り換え代行
    なし

    freeeとマネーフォワードは、どちらも最安プランからメール・チャットでの質問ができます。freeeのほうが、対応は比較的柔軟です。マネーフォワードは「クラウド確定申告」や「クラウド請求書」などで窓口が異なるため、ちょっとめんどくさいです。

    freeeのプレミアムには、独自のサポートが用意されています。「税務調査補償」では、税理士の立会費用に関して、一定額を補償してくれます。また「乗り換え代行」は、他社から乗り換える際、インポート作業を無料で依頼できます。

    【補足】ここが良くない!ダメ出しポイント

    最後に、freeeとマネーフォワードの「これはちょっといただけないな」という点を紹介します。今後、改善が望まれるポイントです。

    freeeの弱点・注意点

    • 完全自動化の設定を間違えると、あとで修正が大変
    • 「タグ」機能の使い方がわかりにくい
    • 楽天銀行から取引の自動取得ができない

    freeeで帳簿付けを「完全自動化」するなら、自動化のルール設定には細心の注意を払いましょう。ややもすれば、誤った仕訳が生成され続けることになります。ルールを修正しても過去の仕訳には反映されないため、すべて手作業で修正しなくてはいけません。

    「タグ」という独自機能については、意外と重要なわりに、公式ページの説明があまり親切ではありません。タグ機能を適切に使用しないと、確定申告の際にも家事按分や源泉徴収で困る場合があるため注意しましょう。

    2022年2月から、楽天銀行の明細については、freeeへ自動取り込みできなくなりました。そのため、明細は自分でアップロードする必要があります。freeeで自動化を徹底しようと思っているユーザーにとっては、今後が不安になる改悪点でした。

    マネーフォワードの弱点・注意点

    • サービス体系がわかりにくい
    • サポートが充実していない

    マネーフォワードのサービス体系については、初見ではよくわからない人が大半ではないでしょうか。どのサービスで何ができるのか、各サービス間の連携はどうすればよいのか、初めのうちは戸惑うことが多いでしょう。

    上記に加えて、ユーザーサポートの窓口も、各サービスごとに分散しています。どの窓口に質問したらよいかわからない、複数のサービスにまたがる質問をしにくい、などの構造的な問題を抱えています。窓口によっては、チャット対応していない点にも要注意です。

    ちなみに、2022年6月15日のアップデートで、マネーフォワードでも消費税の申告書を自動作成できるようになりました。以前は集計機能しかなく、申告書の自動作成には対応していませんでしたが、その弱点はすでに克服されています。

    まとめ

    「freee会計」と「マネーフォワード クラウド」の機能・サポート内容などを、料金プランごとにまとめます。

    freeeの機能まとめ – 料金プラン別

    フリープラン
    セルフプラン
    ベーシックプラン トータルプラン
    料金
    (税込)
    1,298円/月
    12,936円/年
    2,618円/月
    26,136円/年
    43,780円/年
    帳簿付け
    自動仕訳
    レシート撮影
    月5件まで
    確定申告書の作成
    電子申告(e-Tax)
    請求書の作成
    若干の機能制限あり
    スマホアプリ
    分析レポート
    種類が少ない
    消費税申告 ×
    サポート
    • メール
    • チャット
    • メール(優先対応)
    • チャット(優先対応)
    • メール(優先対応)
    • チャット(優先対応)
    • 電話
    • 税務調査補償
    • 乗り換え代行

    >> freeeの料金プランについて詳しく

    「freee会計」の場合、一般的な個人事業主・フリーランスなら、まずは「スターター」がおすすめです。使っていくうちに機能制限が煩わしくなってきたら、上位プランへ切り替えましょう。

    ただ、他社からの乗り換え時は、乗り換え代行サポートを受けられる「プレミアム」も一考に値します。自力でデータ移行を試してみて、うまくいかなかったら乗り換え代行サポートを検討してみましょう。

    マネーフォワードの機能まとめ – 料金プラン別

    パーソナルミニ パーソナル パーソナルプラス
    料金
    (税込)
    1,078円/月
    10,560円/年
    1,408円/月
    12,936円/年
    39,336円/年
    帳簿付け
    自動仕訳
    レシート撮影
    確定申告書の作成
    電子申告(e-Tax)
    請求書の作成
    若干の機能制限あり
    スマホアプリ
    分析レポート
    種類が少ない
    消費税申告 ×
    サポート
    • メール
    • チャット
    • メール
    • チャット
    • メール
    • チャット
    • 電話

    >> マネーフォワードの料金プランについて詳しく

    「マネーフォワード クラウド」の場合、1人で働く個人事業主・フリーランスなら「パーソナルミニ」がおすすめです。消費税申告書を自動作成できる「パーソナル」も、freeeの同等プランの半額程度で利用可能です。

    ちなみに「パーソナルプラス」は、電話サポートのほかは「パーソナル」と何の違いもありません。電話サポートが必要なければ「パーソナルプラス」は無視してOKです。

    \ この記事をSNSでシェアする /
    PICKUP POSTS
    ピックアップ記事
    マネーフォワード クラウド確定申告
    RELATED POSTS
    関連記事
    自営業の専門メディア 自営百科
    最新情報はSNSアカウントで