自営業がとことん分かるメディア

やるぞ!青色申告 – インストール型会計ソフト

更新日: 2021/08/06
やるぞ!青色申告 – インストール型会計ソフト

INDEX

目次

    やるぞ!青色申告の概要

    • 株式会社リオが提供するインストール型の会計ソフト
    • 帳簿づけから確定申告書類の作成まで可能(白色申告、青色申告の両方に対応)
    • 「簡単節税申告パック」と「フルサポートパック」の2種類がある
    • どちらも、書類作成用ソフトの「やるぞ!確定申告」がセットで付いてくる
    • パッケージ版とダウンロード版がある
    • Windows版とMac版がある

    プランの比較表

    簡単節税申告パック フルサポートパック
    パッケージ パッケージ(簡単節税申告パック)- やるぞ!青色申告 パッケージ(フルサポートパック)- やるぞ!青色申告
    メーカー希望価格
    (税込)
    9,680円 11,880円
    対応業種 一般 一般・不動産・農業
    機能 帳簿づけ
    確定申告*
    電子帳簿保存
    e-Tax連携 Windows版のみ対応 Windows版のみ対応
    サポート
    内容
    電話
    メール
    リモート
    サポート期間 購入してから15ヶ月間

    *セットで付いてくる「やるぞ!確定申告」を使う

    ちなみに、セットで付いてくる「やるぞ!確定申告」は、単体でも販売されています。といっても、単体で購入する必要があるのは、主に既存ユーザーです。新規ユーザーは、上表の「やるぞ!青色申告」を購入しましょう。

    主な機能① 帳簿づけ

    「やるぞ!青色申告」では、複数の帳簿づけ方法が用意されています。汎用性が高いのは、「出納帳形式」と「振替伝票形式」の2つです。

    出納帳形式 振替伝票形式
    帳簿づけ画面(出納帳形式)- やるぞ!青色申告 帳簿づけ画面(振替伝票形式)- やるぞ!青色申告
    • 初心者向け
    • 貸方、借方を自動で振り分けてくれる
    • 現金 or 預金による取引のみ対応
    • 会計知識がある人向け
    • 貸方、借方を自分で入力する
    • あらゆる取引に対応

    このほか、掛取引に特化した入力方法もある(売掛帳形式・買掛帳形式)

    「出納帳形式」なら、相手科目を選ぶだけで簡単に帳簿づけができます。取引をキーワード検索にかけて、相手科目を予測することも可能です(科目ナビ)。

    出納帳形式の入力画面

    出納帳形式の入力画面 - やるぞ!青色申告

    なお「月例仕訳登録」や「よくある仕訳登録」の機能を使って、繰り返し発生する取引を事前に登録しておくこともできます。毎月の家賃・光熱費や、定期的に購入する物品などの仕訳入力を、ボタンひとつで済ませられる便利機能です。

    主な機能② 確定申告書類の作成

    確定申告書類の作成は、セットで付いてくる「やるぞ!確定申告」のソフトで行います。「やるぞ!青色申告」の帳簿データを取り込めば、書類の大部分は自動で記入されます。

    書類作成画面

    青色申告決算書 確定申告書B
    書類作成画面(青色申告決算書)- やるぞ!青色申告 書類作成画面(確定申告書B)- やるぞ!青色申告

    下図のように、最初に作業手順を示してくれるので「どこから手をつければいいんだろう?」と迷う心配もありません。

    書類作成画面では作業手順を示してくれる - やるぞ!青色申告

    そもそも「必要な書類がわからない!」という人は、「提出書類ナビゲーション」という機能で、提出すべき書類を確認できます。

    提出書類の確認方法 – 提出書類ナビゲーション

    提出書類の確認方法 - 提出書類ナビゲーション

    主な機能③ 電子帳簿保存

    電子帳簿保存に対応 - やるぞ!青色申告

    「やるぞ!青色申告」は「電子帳簿保存」に対応しています。帳簿は紙で保存するのが本来のルールですが、一定の要件を満たせばデータで保存してもよいとされます。ただ、この機能を使うのは、下記の理由でオススメできません。

    オススメしない理由

    • 電子帳簿保存には税務署の承認が必要で、その手続きが面倒
    • 税務調査官にとって検索がしやすくなり、ミスを指摘されやすくなる
    • 65万円の青色申告特別控除をねらうなら、電子申告のほうが簡単

    55万円の青色申告特別控除を、65万円にアップさせるには「電子申告 or 電子帳簿保存」のどちらかが必須です。電子申告のほうが圧倒的に簡単なので、無理に電子帳簿保存を選択する必要はありません。

    電子申告と電子帳簿保存はどっちがいい?【青色申告特別控除の要件】
    会計ソフトを電子申告との相性で比較【2021年版】

    電子申告するには?

    e-Taxと連携して電子申告できるのは、「やるぞ!確定申告」のWindows版だけです。Mac版は、e-Tax連携に対応していません。

    Windows版 Mac版
    Windows版は電子申告に対応 - やるぞ!青色申告 Mac版は電子申告に未対応 - やるぞ!青色申告

    ※例年、e-Tax連携は2月上旬から利用可能

    メニュー画面で「e-Tax」を選択すると、申告データをe-Tax用のファイル形式に変換してくれます。ただし、このファイルを送信する際は、国税庁のe-Taxソフトマイナンバーカードを読み取れる環境が別途必要です。

    「やるぞ!青色申告」から電子申告する流れ

    「やるぞ!青色申告から電子申告する流れ

    「マイナンバーカードとか、わざわざ用意したくないよ……」という方も多いでしょう。そんな方には「確定申告書等作成コーナー」で電子申告する方法をおすすめします。詳しい手順などは、以下の記事をご覧ください。

    マイナンバーカードなしで電子申告を最短で行う方法

    ユーザーサポート

    「やるぞ!青色申告」を購入したら、15ヶ月間のサポートを受けられます。サポートの内容は、購入したパックによって次のように異なります。

    簡単節税申告パック フルサポートパック
    メールサポート
    電話サポート
    リモートサポート
    受付時間 平日 10:00~12:00 / 13:00~17:00
    (確定申告期間中は土日祝日も対応)

    フルサポートパック特有の「リモートサポート」では、オペレーターと画面を共有して説明を受けられます。それでも解決できない場合は、遠隔操作してもらうことも可能です。

    いずれのサポートも、相談できる内容は、あくまでソフトの操作に関する一般的なことだけです。「これは経費になりますか?」のような、個別具体的な税務相談はできません。

    まとめ

    「やるぞ!青色申告」には、「簡単節税申告パック」と「フルサポートパック」の2種類があります。どちらも主な機能は同じで、対応業種とサポート内容が異なるだけです。

    簡単節税申告パック フルサポートパック
    パッケージ パッケージ(簡単節税申告パック)- やるぞ!青色申告 パッケージ(フルサポートパック)- やるぞ!青色申告
    メーカー希望価格
    (税込)
    9,680円 11,880円
    対応業種 一般 一般・不動産・農業
    主な機能
    • 帳簿づけ
    • 確定申告書類の作成
    • 電子帳簿保存
    • 帳簿づけ
    • 確定申告書類の作成
    • 電子帳簿保存
    サポート
    • メールサポート
    • メールサポート
    • 電話サポート
    • リモートサポート

    「やるぞ!青色申告」は、インターフェイスがすっきりしていて、わりと使いやすい印象です。特に帳簿づけでは、初心者向けの簡単な入力方法や科目の検索機能があり、簿記の知識がない人でも使える仕様になっています。

    また、インストール型ソフトのほとんどは、Windowsしか対応していませんが、「やるぞ!青色申告」はMacにも対応しています。ただ、Mac版ではe-Tax連携ができない点に注意しましょう。