自営業がとことん分かるメディア

決済代行サービスの入金サイクルを比較【キャッシュレス導入】

更新日: 2022/08/29
決済代行サービスの入金サイクルを比較【キャッシュレス導入】

INDEX

目次

    【比較表】 決済代行サービスの入金サイクル

    キャッシュレス決済の入金サイクル(売上の入金までにかかる時間)は、利用する「決済代行サービス」によって異なります。本記事では、お店を営む個人事業主・小規模法人向けに、決済代行サービスの入金サイクルや振込手数料を比較します。

    おすすめの決済代行サービス【比較一覧表】

    初期費用
    (端末代金)
    月額料金 最短の
    入金サイクル
    振込手数料
    楽天ペイアイコン楽天ペイ
    (実店舗決済)
    19,800円
    無料キャンペーン中
    無料 売上の翌日 無料
    or
    330円
    Square - アイコンSquare 7,980円~ 無料 売上の
    翌営業日
    無料
    STORES - アイコンSTORES 決済 19,800円
    無料キャンペーン中
    無料 売上の
    翌々営業日
    無料
    or
    200円
    Airpay - アイコンAirペイ 20,167円
    無料キャンペーン中
    無料 月6回 無料
    JMSJMS
    おまかせサービス
    無料 無料 月6回 無料
    stera pack(ロゴ)stera pack 無料 3,300円
    無料お試しプランあり
    月6回 無料
    or
    220円

    ※ 料金はすべて税込表示

    入金サイクルが早いほど、現金決済に近いお金の流れが実現できるため、資金繰りがシビアな店舗でも導入しやすいでしょう。

    ここからは、それぞれの決済代行サービスについて詳しく解説していきます。

    楽天ペイ(実店舗決済)

    楽天ペイ(クレカ・電子マネー決済)

    楽天ペイ(実店舗決済)」では、振込先を「楽天銀行」の口座にすれば、手数料無料で翌日入金を受けられます。その他の銀行では、入金のたびに申請が必要で、振込手数料もかかります。

    【楽天ペイ】入金サイクル & 振込手数料

    入金申請 入金サイクル 振込手数料
    楽天銀行 不要 売上の翌日
    (土日祝もOK)
    無料
    その他の銀行 必要 入金申請の翌営業日 330円
    • 楽天銀行の口座なら、売上が翌日に自動入金される(入金申請が不要)
    • その他の銀行では、入金のたびに申請が必要(申請は売上当日から可能)
    • その他の銀行でも、入金サイクルは他社と比べてかなり早め

    「楽天ペイ(実店舗決済)」を導入するなら、入金先は「楽天銀行」にするのが圧倒的に便利&おトクです。手数料無料で、現金並みの入金サイクルを実現できます。「楽天銀行」は、スマホやPCで口座を開設できるネット銀行です。

    「楽天ペイ(実店舗決済)」の基本情報

    端末代金 月額料金 スマホ・タブレットの用意 ネット回線の用意
    19,800円
    無料キャンペーン中
    無料 必要 不要
    決済手数料 QR決済 電子マネー決済 クレカ決済
    3.24~3.74%
    種類が少ない

    ※ 料金はすべて税込表示

    「楽天ペイ(実店舗決済)」は、QR決済の「楽天ペイ」や、電子マネーの「楽天Edy」だけでなく、交通系ICやクレカ決済にもしっかり対応しています。現在は、決済端末が無料になるキャンペーン中なので、初期費用ゼロでの導入も可能です。

    楽天ペイ(実店舗決済)

    Square

    Squareの決済端末

    Square」は、振込先を「三井住友銀行」か「みずほ銀行」の口座にすれば、最短翌日で入金を受けられます。その他の銀行を振込先に指定する場合、入金サイクルは週1回になります。

    入金サイクル & 振込手数料

    入金申請 入金サイクル 振込手数料
    三井住友銀行
    みずほ銀行
    不要 売上の翌営業日 無料
    その他の銀行 不要 週1回
    • どの銀行口座でも入金申請は不要(期日に自動で入金される)
    • 振込手数料は一律無料
    • その他の銀行の場合、入金サイクルは「水曜締め・金曜入金」が基本

    「Square」なら、メガバンクの口座でもかなり早めの入金サイクルを実現できます。入金の速さだけで比べると「楽天ペイ」のほうが上ですが、三井住友やみずほの口座で素早い入金を受けられるのは大きな利点です。

    「Square」の基本情報

    端末代金 月額料金 スマホ・タブレットの用意 ネット回線の用意
    7,980円~ 無料 基本必要
    (決済端末で異なる)
    基本不要
    (決済端末で異なる)
    決済手数料 QR決済 電子マネー決済 クレカ決済
    3.25~3.95%
    種類が少ない

    ※ 料金はすべて税込表示

    「Square」は、決済端末のスタイリッシュなデザインが特徴です。おしゃれなお店でも、ムードを損なわずに導入できます。QR決済への対応数は少ないですが、主要な電子マネー・クレカにはひととおり対応しています。(QR決済は個別契約で追加可能

    Square(公式)

    STORES 決済

    STORES 決済の決済端末

    STORES 決済」には、2つの入金方式(手動入金 or 自動入金)があり、どちらか好きな方を設定します。手動入金を選択すれば、入金サイクルを早められます。初期設定では手動入金になっています。

    入金サイクル & 振込手数料

    入金申請 入金サイクル 振込手数料
    手動入金 必要 入金申請の
    1~2営業日後
    10万円以上:無料
    10万円未満:200円
    自動入金 不要 月1回
    月末締め/翌20日入金
    無料
    • 「手動入金」の場合は、入金のたびに申請が必要
    • 入金申請の手続きは、売上の翌日から可能になる
    • 売上が10万円分たまってから申請すれば、手動入金でも振込手数料が無料

    「手動入金」の場合、売上の入金申請ができるようになるのは「売上の翌日6時~」です。つまり「今日の売上」は、明日にならないと入金申請ができません。実際に入金されるのは、入金申請の手続きをしてから1~2営業日です。

    「STORES 決済」の基本情報

    端末代金 月額料金 スマホ・タブレットの用意 ネット回線の用意
    19,800円
    無料キャンペーン中
    無料 必要 不要
    決済手数料 QR決済 電子マネー決済 クレカ決済
    1.98~3.74%
    種類が少ない

    ※ 料金はすべて税込表示

    「STORES 決済」は、交通系電子マネーの決済手数料の安さが特徴です(1.98%)。他社の決済代行サービスだと、電子マネーの決済手数料は「3%前後」が一般的なので、交通系ICの利用者が多いお店はかなりおトクになります。

    STORES 決済(公式)

    Airペイ

    Airペイの決済端末

    Airペイ」では、まず「電子マネー・クレカ決済の売上」と「QR決済の売上」で入金サイクルが異なります。電子マネー・クレカの売上に関しては、振込先の銀行口座によっても入金サイクルが異なります。

    【Airペイ】入金サイクル & 振込手数料

    入金申請 入金サイクル 振込手数料
    電子マネー・
    クレカの売上
    三菱UFJ
    三井住友
    みずほ
    不要 月6回 無料
    その他 不要 月3回
    約10日ごと締め&入金
    QR決済の売上 不要 月1回
    月末締め/翌月末入金
    • 「月6回」の入金サイクルでは、おおよそ5日ごとに締め&入金というイメージ
    • いずれの場合も入金申請は不要(期日に自動で入金される)
    • QR決済の入金サイクルは、銀行口座に関係なく「月1回」のみ

    QR決済を導入するには、「Airペイ」とあわせて「Airペイ QR」というサービスにも申し込む必要があります(追加料金は不要)。「Airペイ QR」の入金サイクルは「月1回」だけなので、電子マネー・クレカの売上とは振り込みスケジュールがズレます。

    「Airペイ」の基本情報

    端末代金 月額料金 スマホ・タブレットの用意 ネット回線の用意
    20,167円
    無料キャンペーン中
    無料 必要
    無料キャンペーン中
    不要
    決済手数料 QR決済 電子マネー決済 クレカ決済
    3.24~3.74%

    ※ 料金はすべて税込表示

    現在「Airペイ」では、決済端末&iPadの無料導入キャンペーンを行っています。このキャンペーンを利用すれば、初期費用をまったくかけずにキャッシュレス決済を導入できます。

    Airペイ(公式)

    JMSおまかせサービス(Webプラン)

    JMSおまかせサービス(Webプラン)の決済端末

    JMSおまかせサービス」では、「早期払いサービス」を利用することで入金サイクルを早められます。振込手数料は一律無料です。

    【JMS】入金サイクル & 振込手数料

    入金申請 入金サイクル 振込手数料
    早期払いサービス 不要 月6回 無料
    通常 不要 月2回
    15日締め/月末入金
    月末締め/翌15日入金
    • 「早期払いサービス」の利用に追加料金などはかからない
    • 「早期払いサービス」では、おおよそ5日ごとに締め&入金というサイクル
    • どちらの場合も入金申請は不要(期日に自動で入金される)

    「早期払いサービス」の利用に条件はありません。追加料金も不要なので、JMSを導入するなら使わない手はありません。

    「JMSおまかせサービス」の基本情報

    端末代金 月額料金 スマホ・タブレットの用意 ネット回線の用意
    無料 無料 不要 必要
    決済手数料 QR決済 電子マネー決済 クレカ決済
    3.24~3.74%

    「JMSおまかせサービス」は、対応するキャッシュレス決済の種類が豊富です。主要な電子マネー・クレカはもちろんのこと、地方銀行系のQR・バーコード決済まで幅広くカバーしています。

    下記のページでは、JMSの新規加盟に関する電話相談を受け付けています。名前や連絡先を入力しておけば、都合のいい時間帯にJMS側から連絡してもらえます。気になる点があれば、まずは問い合わせだけでもしてみるとよいでしょう。

    JMSおまかせサービス(公式)

    stera pack

    stera packの利用イメージ

    stera pack」では、どの銀行口座でも「月6回」か「月2回」の好きな入金サイクルを選べます。入金先を「三井住友銀行」の口座にすれば、振込手数料がかかりません。

    【stera pack】入金サイクル & 振込手数料

    入金申請 入金サイクル 振込手数料
    三井住友銀行 不要 月6回
    or
    月2回
    無料
    その他の銀行 不要 220円
    • 「月6回」の入金サイクルを選んでも、追加料金などは発生しない
    • 「月6回」の入金サイクルでは、おおよそ5日ごとに締め & その2日後に入金
    • 「締め日」から「入金日」までの間隔の短さが特徴

    「stera pack」では、売上入金が「締め日の2日後」です。たとえば、5月1日~5月5日までの売上なら、5月7日に入金されます。他社では「締め日の5~30日後」に入金されることが多いため、stera packなら振り込みまでのラグを少し減らせます。

    「stera pack」の基本情報

    端末代金 月額料金 スマホ・タブレットの用意 ネット回線の用意
    無料 3,300円
    無料お試しプランあり
    不要 必要
    決済手数料 QR決済 電子マネー決済 クレカ決済
    2.7~3.74%

    ※ 料金はすべて税込表示

    「stera pack」は、VISA・Mastercardの決済手数料の低さが特徴です。他社の決済代行サービスだと、クレカの決済手数料は「3%超」が一般的ですが、stera packでは「2.7~2.9%」で使えます。シェアの高いクレカブランド2つを、おトクに導入できるわけです。

    ちなみに、最初の1年間は月額料金が無料になる「お試しプラン」も用意されています。お試しプランの期間中は、VISA・Mastercardの決済手数料が3.25%になります(他社と同じくらい)。新規開業の店舗など「まずは固定費用をかけずに使ってみたい」という方にオススメです。

    stera pack(公式)

    まとめ

    各決済代行サービスの「最短の入金サイクル」と「最短の入金サイクルを実現するための条件」をまとめました。いずれのサービスも、方法次第では振込手数料をかけずに利用できます。

    決済代行サービスの入金サイクル【比較一覧表】

    最短の
    入金サイクル
    最短入金の条件 振込手数料
    (税込)
    楽天ペイ
    (実店舗決済)
    売上の翌日 振込先を「楽天銀行」にする 無料
    Square 売上の
    翌営業日
    振込先を所定の口座にする
    (三井住友 or みずほ)
    無料
    STORES 決済 売上の
    翌々営業日
    手動で入金申請をする 10万円以上:無料
    10万円未満:200円
    Airペイ 月6回 振込先を所定の口座にする
    (三菱UFJ or 三井住友 or みずほ)
    無料
    JMSおまかせ
    サービス
    月6回 特になし
    (無料の早期払いサービスを選ぶだけ)
    無料
    stera pack 月6回 特になし
    (月6回 or 月2回を自由に選べる)
    三井住友:無料
    その他:220円

    入金サイクルの早さを重視するなら「楽天ペイ(実店舗決済)」か「Square」がおすすめです。入金先を所定の銀行口座にしておくだけで、素早い入金サイクルを実現できます。

    「入金サイクルだけでは判断に迷うなあ」という方は、下表も参考にしてください。

    おすすめ決済代行サービスの基本情報

    初期費用
    (端末代金)
    月額料金 決済手数料 QR 電子
    マネー
    クレカ
    楽天ペイ
    (実店舗決済)
    19,800円
    無料
    キャンペーン中
    無料 3.24%

    3.74%

    2種類
    だけ
    Square 7,980円~ 無料 3.25%

    3.95%

    1種類
    だけ
    STORES
    決済
    19,800円
    無料
    キャンペーン中
    無料 1.98%

    3.74%

    1種類
    だけ
    Airペイ 20,167円
    無料
    キャンペーン中
    無料 3.24%

    3.74%
    JMS
    おまかせサービス
    無料 無料 3.24%

    3.74%
    stera pack 無料 3,300円
    1年目は
    無料プランも
    2.7%

    3.74%
    初期費用
    (端末代金)
    月額費用 決済手数料 QR 電子
    マネー
    クレカ

    ※ 料金はすべて税込表示

    決済代行サービスを導入する際、主な初期費用はキャッシュレス決済端末(カードリーダーなど)の購入代金です。端末代金が無料のサービスなら、初期費用ゼロで使い始めることもできます。

    \ この記事をSNSでシェアする /
    PICKUP POSTS
    ピックアップ記事
    RELATED POSTS
    関連記事
    自営業の専門メディア 自営百科
    最新情報はSNSアカウントで