自営業がとことん分かるメディア

少額利用できるファクタリング【即日入金】個人事業主・法人

更新日: 2023/05/10 PR
少額利用できるファクタリング【即日入金】個人事業主・法人

「10万円でいいから即日で入金してほしい!」のようなニーズにぴったり合うファクタリングサービスを厳選して紹介します。いずれもオンライン完結で簡単に申し込めて、最短即日で入金可能です。

INDEX

目次

    少額から利用できる即日ファクタリング5選

    少額から利用できて、即日入金が可能なファクタリングサービスを5つ紹介します。いずれも個人事業主・法人問わず、オンライン完結で利用できます。下表は、左から手続きが簡単な順に並べてあります。

    少額から利用できる即日ファクタリング【比較一覧表】

    ペイトナーペイトナー ファクタリング(Paytner)のロゴ GMO
    フリーランスGMOフリーランスファクタリングのロゴ
    labollabol(ラボル)のロゴ PAYTODAYPayToday(ペイトゥデイ)のロゴ FREENANCEFREENANCE(フリーナンス)のロゴ
    調達
    可能額
    1万~
    25万円*
    1万円〜 1万~
    約30万円
    制限なし 1万円〜
    手数料率 10% 9.5% 10% 1%~9.5% 3%~10%
    入金
    スピード
    最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日
    手続き
    方法
    オンライン
    完結
    オンライン
    完結
    オンライン
    完結
    オンライン
    完結
    オンライン
    完結
    主な
    必要書類
    ・請求書
    ・自社サイトの
    URL
    ・本人確認書類
    ・請求書
    ・自社サイトの
    URL
    ・本人確認書類
    ・請求書
    ・請求確認メール
    ・本人確認書類
    ・決算書
    ・請求書
    ・直近6ヶ月分
    の通帳
    ・本人確認書類
    ・決算書
    ・請求書
    ・請求確認メール
    ・直近3ヶ月分
    の通帳
    ・本人確認書類
    ・住民票
    ・登記簿謄本(法人)
    ユーザー
    サポート
    ・メール
    ・有人チャット
    ・メール

    ・メール
    ・有人チャット
    ・メール
    ・WEBフォーム
    ・AIチャット
    ・電話
    ・メール
    ・WEBフォーム
    ・有人チャット
    ペイトナー GMO
    フリーランス
    ラボル ペイトゥデイ フリーナンス

    * 初回利用時の調達可能額(ペイトナーとラボルは利用実績等に応じて調達可能額がさらに増える)

    10万円程度の少額であれば、手数料率が10%ならかなり安いほうです。一般的に、調達額が少ないほど、ファクタリングの手数料率は高くなる傾向にあります。小口利用の場合、他の一般的なサービスなら15%~20%かかっても全然おかしくありません。

    必要書類が手元にすべて揃っていれば、どれも最短1時間ぐらいですぐに審査が終わります。必要書類の数はサービスによってまちまちです。スピードを重視したい場合は、できるだけ必要書類が少ないものを選ぶとよいでしょう。

    Paytner(ペイトナー ファクタリング)

    ペイトナー ファクタリング(Paytner)のロゴ

    ペイトナーの基本情報 – 料金・スピード

    調達可能額 手数料率 審査スピード 即日入金の条件
    1万~25万円* 一律10% 最短10分 正午までに審査完了

    * 利用実績に応じて最大100万円まで利用枠が増える(初回は25万円が上限)

    ペイトナー」は、少額利用で真価を発揮するファクタリングサービスです。一律10%のわかりやすい料金体系で、1万円から手軽に調達できます。無料でアカウント登録でき、利用した分だけ手数料が発生します。初期費用や月額料金はかかりません。

    ペイトナーを利用する流れ【初めての申し込み~入金まで】

    ペイトナーファクタリング(Paytner)を利用する流れ

    メールアドレスさえあれば、誰でもすぐにペイトナーのアカウントを開設できます。あとは請求書のファイルをアップロードして、必要事項の入力などを済ませれば、最短10分で審査完了です。審査に通ったらすぐに指定の口座に入金してもらえます。

    操作画面がシンプルでわかりやすいので、ファクタリングを初めて利用する人でも戸惑うことはないでしょう。万が一困ったことがあっても、有人チャットでのサポートもあるので安心です。

    ペイトナーファクタリング(公式サイト)

    GMOフリーランスファクタリング

    GMOフリーランスファクタリングのロゴ

    GMOフリーランスの基本情報 – 料金・スピード

    調達可能額 手数料率 審査スピード 即日入金の条件
    1万円〜 一律9.5% 最短30分 非公開

    GMOフリーランスファクタリング」は1万円から調達できます。手数料率は一律9.5%なので、10万円以下の少額帯を前提とすれば最安水準と言えます。ただし業種に制限があり、「WEBクリエイター」や「ITエンジニア」しか利用できません(個人事業主・法人の別は問わない)。

    GMOフリーランスを利用する流れ【初めての申し込み~入金まで】

    GMOフリーランスファクタリングを利用する流れ

    アカウント登録などの面倒な事前手続きは一切不要です。公式サイトの申し込みボタンから、そのまま申し込みフォームに飛べます。請求書に記載されている金額の範囲であれば、1万円から申請可能です。

    審査結果は最短30分で通知されます。この通知を受けてから写真付きの公的身分証をアップロードすれば、手続き完了です(運転免許証やマイナンバーカード)。本人確認が終わったらすぐに入金してもらえます。

    GMOフリーランスファクタリング(公式サイト)

    labol(ラボル)

    labol(ラボル)のロゴ

    ラボルの基本情報 – 料金・スピード

    調達可能額 手数料率 審査スピード 即日入金の条件
    1万~約30万円* 一律10% 最短60分 当日中に審査完了

    利用者ごとに「与信枠」が設定され、その範囲内で申請可能(初回上限については明記されていない)

    ラボル」は1万円から申請できます。上限額はユーザーごとに異なり、ログイン後の画面で確認できます。初回利用時の上限は、多くても30万円ぐらいが目安のようです(当社調べ)。

    ラボルを利用する流れ【初めての申し込み~入金まで】

    ラボル(labol)を利用する流れ - 初回申込み~入金まで

    請求書と一緒にアップロードする「エビデンス書類」とは、請求書の有効性を裏付ける証拠のことです。たとえば、取引先から「請求書を受領しました」などと書かれたメールやSlackメッセージが届いていたら、そのスクリーンショットをアップロードすればOKです。

    「エビデンス書類」の具体例

    • 請求確認メールやSlackメッセージ
    • LINEやChatworkなど、取引先担当者との連絡履歴
    • 取引先からの過去の入金履歴
    • 押印済みの発注書や契約書
    • 通帳のコピー

    ※ エビデンス書類が多いほど審査に通りやすくなる

    ネット申請から審査完了までは最短60分です。審査が完了したら、指定口座に即時で入金されます(24時間365日)。土日や祝日は、平日よりも対応が遅れることがあるようです。とはいえ、休日でも審査・入金をしてもらえるのは高評価ポイントです。

    ラボル(公式サイト)

    PAYTODAY(ペイトゥデイ)

    PayToday(ペイトゥデイ)のロゴ

    PAYTODAYの基本情報 – 料金・スピード

    調達可能額 手数料率 審査スピード 即日入金の条件
    制限なし 1%~9.5% 最短15分 非公開

    PAYTODAY(ペイトゥデイ)」では、だいたい10万円以上での利用が推奨されているようです。ただ、きっちり制限されているわけではないので、実際には5万円程度での利用もできるようです(当社調べ)。少額の利用でも、手数料率が9.5%を超えることはありません。

    ペイトゥデイを利用する流れ【初めての申し込み~入金まで】

    PAYTODAY(ペイトゥデイ)の利用手順 - 申し込み~入金まで

    アカウント登録後、請求書などをオンラインでアップロードすれば、最短15分で審査完了となります。審査結果がメールで届いたら、オンラインで契約手続きを行います。契約手続きはネット完結です。

    もし途中でわからないことがあっても、ペイトゥデイでは電話やメールでのサポートが受けられます。他のオンライン完結サービスでは、メールやチャットでのサポートしか提供されないのが一般的ですが、電話まで用意されているのは大きな差別化ポイントです。

    PAYTODAY(公式サイト)

    FREENANCE(フリーナンス)

    FREENANCE(フリーナンス)のロゴ

    フリーナンスの基本情報 – 料金・スピード

    調達可能額 手数料率 審査スピード 即日入金の条件
    1万円~ 3%~10% 最短30分 午前11:30までに審査完了

    フリーナンス」のファクタリングは1万円から利用可能です。初回は審査が2回ありますが、最短即日での入金も可能です。まずはフリーナンスの入会審査を経て、請求書の買取審査へと進みます(すでに入会済みの方は買取審査のみでOK)。

    フリーナンスを利用する流れ【初めての申し込み~入金まで】

    FREENANCE(フリーナンス)の利用方法 - 初めての申込み~入金まで

    まずはフリーナンスへの入会手続きが必要です。フリーナンスは、保険や資金繰りの面で、様々な事業支援が受けられるサービスです。そのなかに「FREENANCE 即日払い」というファクタリングサービスが含まれています。

    フリーナンスの提供サービス

    即日払い 請求書の買い取り(ファクタリング) 手数料3%~
    フリーナンス口座 報酬の受け取り専用口座 無料
    あんしん補償Basic クライアントに損害を与えた場合の保険 無料
    あんしん補償 クライアントに損害を与えた場合の保険 無料
    (レギュラープラン以上)
    あんしん補償プラス ケガや病気で働けないときの所得補償 有料
    所得保障保険 入院に備えた保険 有料
    バーチャルオフィス 銀座or福岡で利用可能 有料
    カード決済 カード決済のシステムを提供 有料

    「フリーナンス口座」で報酬を受け取れば、ファクタリングの手続きを短縮できる上に、掛金なしで「最高5,000万円」の補償が受けられます。フリープランなら年会費もかからないので、とりあえず登録するだけしておいても損はないサービスです。

    FREENANCE(公式サイト)

    まとめ

    個人事業主と法人向けに、少額から利用できる即日ファクタリングを厳選して紹介しました。いずれもオンラインで手軽に申し込み可能で、最短1時間以内に審査が完了します。なかでも、手続きが簡単なのは「ペイトナー」と「GMOフリーランス」です。

    少額から調達可能なファクタリング5選 – わかりやすいまとめ

    少額OKな即日ファクタリングを比較(初回の調達可能額・手数料率)

    ペイトナーPaytner(ペイトナーファクタリング)のロゴ GMOフリーランスGMOフリーランスファクタリングのロゴ ラボルラボル(labol)のロゴ PAYTODAYペイトゥデイ(PayToday)のロゴ FREENANCEフリーナンス(FREENANCE)のロゴ

    10万円ぐらいの少額ファクタリングを上手に使うコツは、手数料率が一律のサービスか、手数料率の上限が低いサービスを選ぶことです。本記事で紹介したサービスなら、この条件を満たしつつ最短当日での資金調達が可能です。

    \ この記事をSNSでシェアする /
    PICKUP POSTS
    ピックアップ記事
    NEW POSTS
    新着記事
    自営業の専門メディア 自営百科
    最新情報はSNSアカウントで