自営業がとことん分かるメディア

請求書のみでもOK?必要書類が少ない即日ファクタリングまとめ

更新日: 2023/08/10 PR
請求書のみでもOK?必要書類が少ない即日ファクタリングまとめ

必要書類が少ないファクタリングサービスを、個人事業主・法人向けに紹介します。ファクタリングでは、請求書・通帳・決算書などを提出するのが一般的ですが、状況次第では「請求書のみ」で申し込めるサービスもあります。

INDEX

目次

    必要書類が少ない即日ファクタリング5選

    ファクタリングの申し込み~契約手続きに関して、必要書類が少ないサービスを厳選して紹介します。個人・法人を問わず申し込みでき、最短即日で入金可能です。

    必要書類が少ない即日ファクタリング5社【比較一覧表】

    Paytner(ペイトナー)のロゴペイトナー labol(ラボル)のロゴラボル GMOフリーランスファクタリングのロゴGMO
    フリーランス
    QuQuMo(ククモのロゴ)QuQuMo ビートレーディングのロゴビートレー
    ディング
    調達可能額 1万~25万円 1万~ 1万~ 制限なし 制限なし
    手数料率 10% 10% 9.5% 1~14.8% 4~12%
    必要
    書類
    請求書
    など
    必須 必須 必須 必須 必須
    本人確
    認書類
    初回のみ 毎回 毎回 毎回 不要
    通帳
    など
    任意 任意 不要 直近3ヶ月分 直近2ヶ月分
    決算書
    など
    不要 初回のみ 不要 個人事業主
    のみ
    不要
    その他 自社サイトや
    SNSのURL
    (初回のみ)
    顧客に送った
    請求確認メール
    などの履歴
    自社サイトや
    SNSのURL
    (必須)
    健康保険証
    (個人事業主のみ)
    履歴事項全部
    証明書など
    ペイトナー ラボル GMO
    フリーランス
    ククモ ビートレー
    ディング

    これらのファクタリングサービスは、いずれも必要書類をオンラインで提出できます。申し込み~入金までオンライン完結なので、ハンコを持ってファクタリング会社に直接出向いたり、書類を郵送したりする手間は一切かかりません。

    上記の5社であれば、少ない必要書類で審査してもらえます。いずれも早ければ1時間以内に審査が完了し、その日のうちにキャッシュを手に入れることも可能です。

    Paytner(ペイトナーファクタリング)

    Paytner(ペイトナー)のロゴ

    ペイトナーの基本情報 – 料金・スピード

    調達可能額 手数料率 審査スピード 即日入金の条件
    1万~25万円* 一律10% 最短10分 正午までに審査完了

    * 利用実績に応じて最大100万円まで利用枠が増える(初回は25万円が上限)

    Paytner(ペイトナー)」と相性がよいのは、ファクタリングの利用頻度が高めで、一回あたりの調達額が少ない個人事業主や法人です。業界最速クラスの審査スピードを誇り、必要書類も非常に少ないため、せっかちな人にもピッタリです。

    ペイトナーの必要書類 – 2回目からは請求書だけ!

    初めて 2回目~
    • 請求書
    • 自社サイトやSNSのURL
    • 本人確認書類
    • 請求書

    ※ 審査に通りやすくするため追加で書類を求められる場合もある

    ペイトナーを初めて利用するときは、業務実態を確認できる「自社サイトやSNSのURL」が必要です。事業用のホームページやSNSを持っていない場合は、代わりに「事業で使っている口座の入出金履歴」を直近3ヶ月分ほど提出すればOKです。

    2回目以降に利用する際は「請求書のみ」での申請も可能です。一般的に「ファクタリングは請求書のみでは無理」と言われがちですが、ペイトナーなら2回目以降は請求書だけでサクッと申請できます。

    ペイトナー(公式サイト)

    labol(ラボル)

    labol(ラボル)のロゴ

    ラボルの基本情報 – 料金・スピード

    調達可能額 手数料率 審査スピード 即日入金の条件
    1万~記載なし* 一律10% 最短60分 当日中に審査完了

    * 利用者ごとに「与信枠」が設定され、その範囲内で申請可能(初回上限については記載なし)

    labol(ラボル)」は、審査さえ完了すれば、24時間365日いつでも即時入金してもらえます。平日の営業時間内なら、最短60分で審査完了です(営業時間は非公開)。土日・祝日も、審査に時間はかかりますが受け付けてくれるようです。

    ラボルの必要書類 – 2回目からは簡単な書類のみ

    初めて 2回目~
    • 請求書
    • 請求確認メールやSlackの履歴
    • 本人確認書類
    • 確定申告書の控えなど
    • 請求書
    • 請求確認メールやSlackの履歴
    • 本人確認書類

    ※ 審査に通りやすくするため追加で書類を求められる場合もある

    ラボルを初めて利用するフリーランスや法人は、活動実態を示す「確定申告書の控え」や取引先との「契約書」を提出します。2回目以降はこれらを省略できるので、さらに申し込みやすくなります。

    請求書を提出する際は、その請求先とやりとりした「メールやSlackの履歴」も必要です。これは2回目以降でも同様です。Slack(スラック)はビジネス用のメッセージアプリですが、このほかにLINEやChatworkの履歴、押印済みの発注書、通帳のコピー等でも代用できます。

    ラボル(公式サイト)

    GMO フリーランスファクタリング

    GMOフリーランスファクタリングのロゴ

    GMOフリーランスの基本情報 – 料金・スピード

    調達可能額 手数料率 審査スピード 即日入金の条件
    1万~記載なし 一律9.5% 最短30分 非公開

    GMOフリーランスファクタリング」は、アカウント登録が不要なので、単発でパパッと資金調達したいときに最適です。ただし、いまのところ「WEBクリエイター」や「ITエンジニア」しか利用できません。

    GMOフリーランスの必要書類 – アカウント登録は不要!

    • 請求書
    • 自社サイトやSNSのURL(なにか1つでOK)
    • 本人確認書類

    公式サイトで請求書をアップロードして、必要事項を記入するだけで簡単に申し込めます。本人確認書類の提出は審査完了後でOKです(運転免許証かマイナンバーカード)。

    なお、クリエイター活動を証明できる「自社サイトやSNSのURL」は必須です。ほかの書類やメール履歴等では代用できません。そのかわり、審査書類は「請求書のみ」で済み、決算書や通帳などは不要です。

    GMOフリーランスファクタリング(公式サイト)

    QuQuMo(ククモ)

    QuQuMo(ククモ)のロゴ

    ククモの基本情報 – 料金・スピード

    調達可能額 手数料率 審査スピード 即日入金の条件
    制限なし 1%~14.8% 最短30分 非公開

    QuQuMo(ククモ)」に適しているのは、1回のファクタリング利用額が多めで、少しでも手数料を安くしたい個人事業主や法人です。手数料は「1%~」と業界で最安水準でありながら、そのわりには必要書類も少ない部類に入ります。

    ククモの必要書類 – 個人事業主と法人で異なる

    • 請求書
    • 保有する全銀行口座の入出金明細の直近3ヶ月分
    • 本人確認書類
    • (個人事業主のみ)確定申告書一式
    • (個人事業主のみ)健康保険証

    ククモでは、基本的に「請求書・通帳・本人確認書類」の3点を提出します。ただし、個人事業主のみ「確定申告書」や「健康保険証」も必要です。法人であれば、決算書や保険証は基本的に提出しなくてよいようです。

    手続きはオンラインで完結しますが、状況により電話でヒアリングが必要になることがあるようです。とはいえ、その場合も対面での面談等は不要です。

    QuQuMo(公式サイト)

    ビートレーディング

    ビートレーディングのロゴ

    ビートレーディングの基本情報 – 料金・スピード

    調達可能額 手数料率 審査スピード 即日入金の条件
    制限なし 4%~12%程度* 最短30分 15時までに契約完了

    * 売掛先の承諾を得て3社間ファクタリングを行う場合は2%~9%程度

    ビートレーディング」は、3社間ファクタリングに対応可能です。「自社・売掛先(顧客)・ビートレーディング」の3社による合意の上でファクタリングを行うことで、手数料が安くなります。売掛先に知られない2社間ファクタリングも可能ですが、手数料は割高に設定されています。

    ビートレーディングの必要書類 – オンラインなら「請求書と通帳」のみ

    申し込むとき
    • 契約書、発注書、請求書など
    • 直近2か月分の通帳コピー
    契約するとき (オンライン契約なら不要)

    ※ 審査に通りやすくするため追加で書類を求められる場合もある

    契約方法は「オンライン・来社・訪問」のいずれかを案内されます。オンライン契約であれば、原則として請求書等と通帳の提出のみで済みます。一方、来社や訪問による契約では、一ヶ月以内の「履歴事項全部証明書」や「自社と代表者の印鑑証明書」が必要です。

    ビートレーディング(公式サイト)

    \ この記事をSNSでシェアする /
    PICKUP POSTS
    ピックアップ記事
    NEW POSTS
    新着記事
    自営業の専門メディア 自営百科
    最新情報はSNSアカウントで