やよいの白色申告 オンライン – 弥生のクラウド会計ソフト

更新日: 2020/09/29

やよいの白色申告 オンライン

やよいの白色申告 オンラインは、実用的なクラウド型会計ソフトでありながら、サポートなしの「フリープラン」が永年無料で利用できるのが大きな特徴です。

やよいの白色申告 オンライン(公式サイト)

INDEX

目次

    やよいの白色申告 オンラインの特徴

    やよいの白色申告 オンラインは、白色申告をする個人事業主のために作られたクラウド型会計ソフトです。日々の帳簿づけや確定申告の書類作成が、これ一つで可能です。

    やよいの白色申告 オンラインの主な特徴

    • サポートなしのフリープランであればずっと無料で使える
    • 仕訳や確定申告についての相談も可能(トータルプランのみ)
    • 初心者向けの非常にシンプルなインターフェイス

    「やよいの白色申告 オンライン」には、白色申告に必要な機能だけが搭載されています。どこに何の機能があるのかすぐに分かるので、会計初心者でも簡単に操作できます。

    やよいの白色申告 オンライン ホーム画面

    3つの料金プラン

    「やよいの白色申告 オンライン」には、3つの料金プランが用意されています。クラウド会計の大手3社(マネーフォワード・やよい・freee)が提供する白色申告対応ソフトのうち、実用的な無料プランが用意されている唯一のソフトです。

    フリープラン ベーシックプラン トータルプラン
    利用料金
    (年額)
    無料 8,000円
    (初年度は4,000円)
    14,000円
    (初年度は7,000円)
    全機能
    サポート
    業務ヘルプデスク

    表示は税抜き料金

    「フリープラン」ではサポート(チャット・メール・電話)が利用できませんが、そのかわり利用料金は無料です。無料でありながら、帳簿づけから確定申告書類の作成までを含めた全機能を有料プランとかわらず利用できます。

    「ベーシックプラン」以降は、サポートを利用できます。有料プランでも、ほかの大手クラウド会計ソフトと比べると、かなり低い価格設定です。

    「トータルプラン」を契約すると、通常のサポートに加えて、確定申告や経理業務を相談できる「業務ヘルプデスク」という独自のサービスが付きます。このようなサービスが用意されているのは、大手クラウド会計ソフトの中でもやよいだけです。

    初年度は有料プランが半額で使えるので、最初はサポートがあるプランを使うことのがおすすめです。翌年以降、サポートが必要なくなったら無料のフリープランに切り替えることができます。

    手動で帳簿づけ – かんたん取引入力

    現金で経費の支払いをした際など、取引の入力は「かんたん取引入力」から行います。画面に表示された項目に沿って必要事項を記入していくので、カンタンなのはもちろん「日付を記入し忘れた!」といったうっかりミスも防げます。

    やよいの白色申告 オンライン かんたん取引入力画面

    会計初心者の場合、すべての科目を覚えきれていないことが多いのではないでしょうか。「かんたん取引入力」なら、入力中に解説付きの科目一覧が表示されます。取引の科目に迷うことなく帳簿づけができるので、初心者でも安心です。

    やよいの白色申告 オンライン 科目一覧

    取引の絞り込み検索も可能

    過去に登録した取引の検索も可能です。たとえば「○月に買った△△についての記帳が正しいかチェックしたい!」なんてときには、「取引の一覧」から年月日や科目などを指定して、絞り込み検索ができます。

    やよいの白色申告 オンライン 取引検索画面

    自動で帳簿づけ – スマート取引取込

    「スマート取引取込」の機能を使えば、連携させた金融機関(銀行口座・クレジットカード・電子マネーなど)の取引データを、ソフトに自動で取得することができます。

    やよいの白色申告 オンライン 自動仕訳画面

    取得した取引データは、勘定科目(科目)が提案された状態で表示されるので、あとは修正が必要な部分だけちょこっと直せばOK。通帳を確認しながら、ひとつひとつ取引を手入力していく必要はありません。

    やよいの白色申告 オンラインは、大手の銀行口座・クレジットカードであれば基本的に連携できます。電子マネーにも対応しています。
    >> 弥生公式HP「口座自動連携ツール 対応金融機関一覧」

    そのほか、家計簿アプリやPOSレジなどの外部サービスとも連携が可能です。外部サービスについては、ほかのクラウド会計ソフトよりも対応している数が少なめです。

    「スマート取引取込」と連携できる主な外部サービス

    家計簿 POSレジ 請求書作成・管理 経費精算
    • MoneyLook
    • Zaim
    • Moneytree
    • Airレジ
    • スマレジ
    • ユビレジ
    • Uレジ FOOD
    • ぐるなびPOS+
    • Misoca
      (ミソカ)
    • MakeLeaps
      (メイクリープス)
    • Staple
      (ステイプル)
    • ScanSnap Cloud

    2020年9月時点

    レポートを自動で作成

    レポート機能とは、入力した取引データをソフトが自動で集計して、グラフや表にまとめて表示してくれる機能のこと。集計期間は自由に指定できるので、日別の推移だけでなく、年間を通したお金の流れを確認することも可能です。

    作成できるレポート

    日別取引レポート 科目別損益レポート
    やよいの白色申告 オンライン 日別取引レポート画面 やよいの白色申告 オンライン 科目別損益レポート画面

    レポート機能を利用すれば、グラフィカルなレポートをカンタンな操作で表示できます。帳簿づけや確定申告に必要な機能ではありませんが、売上の推移や経費の内訳などを確認できる便利な機能です。

    白色申告に必要な書類データを作成可能

    やよいの白色申告 オンラインでは、白色申告に必要な「収支内訳書」と「確定申告書B」の作成ができます。画面の指示に沿って順番に記入を進めていけばいいので、確定申告が初めての人でも安心です。

    やよいの白色申告 オンライン 確定申告の手順画面

    Stepが完了するごとに、緑色のチェックマークが表示されるので、自分が今何をすればいいのかひと目で分かります。

    書類作成画面

    収支内訳書 確定申告書B
    やよいの白色申告 オンライン 収支内訳書作成画面 やよいの白色申告 オンライン 確定申告書B作成画面

    すべての入力が終わって書類が完成したら、書類のデータを保存します。書面で提出する人は、データを印刷してそのまま税務署へ提出すればOKです。電子申告する場合、Windowsユーザーであれば、作成したデータをそのままe-Taxに送信できます(Macは未対応なのでデータ出力が必要)。

    2種類あるやよいのスマホアプリ

    やよいには、2種類のスマホ専用アプリが用意されています。取引入力などができるアプリと、レシートなどをスマホで撮影してその情報を取り込むアプリです。

    やよいの青色申告
    /白色申告オンラインアプリ
    弥生 レシート取込アプリ
    やよい スマホアプリ勘定科目選択画面 弥生 レシート取込アプリ撮影画面

    ちなみに、スマホからもSafariなどのブラウザからログインして、パソコンで見るのと同じ画面を操作することができます。ただ、表示される文字が非常に小さくなるので、スマホからはアプリの利用がオススメです。

    取引入力ができる「やよいの青色申告/白色申告オンラインアプリ」

    アプリ版でも画面にしたがって必要事項を入力するだけで、カンタンに取引を登録できます。パソコンを開くことなくスマホだけで取引が入力できるので、スキマ時間にササっと会計業務が行えます。

    やよい スマホアプリ勘定科目選択画面 やよい スマホアプリ 取引入力画面 やよいスマホアプリ 取引金額入力画面

    レシート撮影機能が使える「弥生 レシート取込アプリ」

    レシート取込専用のアプリを使えば、レシートをスマホのカメラで撮影することで、取引情報を自動で読み取ってくれます。購入日・金額・購入品目などのデータを読み取ってくれます。ユーザーが最後に確認だけして、取引を登録します。

    弥生スマホアプリ レシート取込画面

    まとめ – 無料プランでも十分実用できる

    やよいの白色申告 オンラインの大きな特徴は、無料で使えるフリープランでも機能の制限はなく、日々の記帳から確定申告書類の作成まで行えるということ。他社の無料プランとは違い、利用期間や使える機能に制限があるわけではありません。

    やよいの白色申告
    オンライン
    freee マネーフォワード
    クラウド確定申告
    0円~ 1,180円/月~
    (11,760円/年~)
    980円/月~
    (9,600円/年~)

    表示は税抜き料金

    メール・チャット・電話によるサポートがつく有料プランは、初年度半額で利用できるので、最初は有料プランで契約して、その後サポートが必要なくなればフリープランに切り替えるという流れがおすすめです。

    また、やよいの公式サイトには分かりやすく詳細なヘルプページが用意されています。ですので、サポートのないフリープランでも、おおよその問題は自分で調べて解決できるはずです。

    「やよいの青色申告オンライン」への移行もスムーズ

    弥生が提供する同シリーズに、青色申告対応ソフト「やよいの青色申告オンライン」があります。

    やよい 白色申告から青色申告への移行画面

    「やよいの白色申告 オンライン」に登録したデータは、「やよいの青色申告オンライン」にそのまま引き継ぐことができます。将来的に白色申告から青色申告に移行する場合も、同シリーズ内ならスムーズにデータ移行が行えます。