自営業がとことん分かるメディア

ネット契約のオンラインファクタリング【比較一覧表】

更新日: 2022/03/23
ネット契約のオンラインファクタリング【比較一覧表】

INDEX

目次

    【電子契約】QuQuMo・BtoBシエン・イージーファクター

    「QuQuMo・BtoBシエン・イージーファクター」は、紙の契約書を交わさなくてよい、電子契約のファクタリングサービスです。申込~契約までオンライン完結なので、誰とも対面で会うことなくファクタリングが可能です。

    QuQuMo・BtoBシエン・イージーファクターの比較

    QuQuMo
    (ククモ)
    BtoBシエン Easy factor
    (イージーファクター)
    QuQuMo - ロゴ画像 BtoBシエン - ロゴ画像 イージーファクター - ロゴ画像
    利用者 個人事業主・法人 個人事業主・法人 個人事業主・法人
    月額基本料金 なし なし なし
    契約方式 審査に通ったら、電子契約を行う
    2社間手数料 1%~14.8% 2%~10% 2%~8%
    3社間手数料 取扱なし 非公開 取扱なし
    調達可能額 上限なし 上限なし 非公開
    業歴 不要
    創業直後でもOK
    不要
    創業直後でもOK
    非公開
    担保・保証人 不要 不要 不要
    審査スピード 最短30分 最短30分 最短60分
    審査時の面談 基本不要
    (必要なら電話で)
    電話のみ Zoomのみ
    償還請求権 なし
    ノンリコース
    なし
    ノンリコース
    なし
    ノンリコース
    主な必要書類など
    • 請求書
    • 入出金明細
    • 開業届など
    • 本人確認書類
    • 請求書
    • 申込書
    • 入出金明細
    • 本人確認書類
    • 請求書
    • 入出金明細
    • 確定申告書
    QuQuMo(ククモ) BtoBシエン イージーファクター

    上記サービスはいずれも、審査に通ったら「電子契約」を行います。紙の契約書と違って、送料や印紙税がかかりませんし、素早く安全にやり取りできます(詳細は後述)。

    各サービスの特徴をわかりやすく

    「QuQuMo・BtoBシエン・イージーファクター」は、いずれも電子契約に対応したファクタリングサービスです。まずは簡単に、各サービスの良い点をまとめておきます。

    「QuQuMo(ククモ)」の特徴

    QuQuMo - ロゴ画像
    • 手数料の下限が「1%」と最安クラス
    • 電話やZoomでの面談は基本不要
    • 少額から利用でき、上限も決まっていない

    「BtoBシエン」の特徴

    BtoBシエン - ロゴ画像
    • 審査は電話のみで、最短30分で完了
    • 2社間・3社間ファクタリングの両方に対応
    • 非営利団体の「日本中小企業金融サポート機構」が運営

    「Easy factor(イージーファクター)」の特徴

    イージーファクター - ロゴ画像
    • 最短10分で見積り、最短60分で振り込み
    • 手数料が「2%~8%」と比較的安い
    • 必要書類が少なめ

    「じっくり比較検討する余裕がない!」という事業主は、まずは「QuQuMo」に申し込むのがオススメです。基本的に面談が不要で、手数料も「1%~」とリーズナブルです。
    QuQuMo(公式)

    ここからは6つの観点から、3つのサービスを徹底比較していきます。ちなみに、いずれも見積りだけなら費用はかかりません。迷ったら複数申し込んで、相見積もりをとってみましょう。

    ① 手数料 – 2社間・3社間

    QuQuMo - ロゴ画像 BtoBシエン - ロゴ画像 イージーファクター - ロゴ画像
    2社間 1%~14.8% 2%~10% 2%~8%
    3社間 取扱なし 非公開 取扱なし

    「QuQuMo」の手数料は、下限が「1%」と、ファクタリング業界で最安クラスです。なので、相見積もりをとるなら、必ず候補に入れておきましょう。

    「BtoBシエン」は、3社間ファクタリングも可能です。3社間の仕組み上、取引先にバレてしまうのが難点ですが、手数料をグッと抑えられます。知られたくない場合は、2社間も選択できます。

    「イージーファクター」は、手数料「2%~8%」です。ただ、公式ページ上では「8%が上限」とは明記されていません。心配なら、相見積もりをとったほうがよいでしょう。

    ② 買い取ってもらえる金額

    QuQuMo - ロゴ画像 BtoBシエン - ロゴ画像 イージーファクター - ロゴ画像
    利用上限なし 利用上限なし 非公開

    「QuQuMo」と「BtoBシエン」は、少額から利用可能で、買取金額の上限も設定されていません。公式ページにも「金額上限なし」のように明記されているので、安心して利用できます。

    「イージーファクター」は、利用額について情報公開されていません。無料見積もりは最短10分で完了しますので、気になる方は申し込んでみましょう。

    ③ 業歴 – 創業直後でも利用できるか?

    QuQuMo - ロゴ画像 BtoBシエン - ロゴ画像 イージーファクター - ロゴ画像
    創業直後でもOK 創業直後でもOK 非公開

    「QuQuMo」「BtoBシエン」は、創業直後でも利用可能です。買取可能な売掛金さえあれば、業歴は問われません。開業したばかりの個人事業主・フリーランスでも問題ありません。

    「イージーファクター」は、審査のため「直近の決算書(法人)」や「確定申告書(個人事業主)」を提出する必要があります。そのため、創業・開業の直後は利用できない場合がありそうです。

    ④ 審査スピード・入金までの時間

    QuQuMo - ロゴ画像 BtoBシエン - ロゴ画像 イージーファクター - ロゴ画像
    スピード 最短30分 最短30分 最短60分
    即日入金 非公開 15時までに契約 非公開

    「QuQuMo」と「BtoBシエン」は、最短30分で審査が完了し、すぐに契約手続きを行えます。他方「イージーファクター」は、契約まで60分以上はかかるようです。

    さらに「BtoBシエン」の場合、平日15時までに契約手続きが完了すれば、当日中に振り込んでもらえます。「QuQuMo」や「イージーファクター」も、早めの時間帯に契約が完了すれば、1~2時間程度で入金してもらえるようです。

    ⑤ 申込みやすさ – 手間・対応地域・営業時間

    QuQuMo - ロゴ画像 BtoBシエン - ロゴ画像 イージーファクター - ロゴ画像
    審査面談 基本不要
    (必要なら電話で)
    電話のみ Zoomのみ
    契約 電子契約 電子契約 電子契約
    対応地域 全国 全国 全国
    営業時間 平日9:00~19:00 平日9:30~19:00 平日9:00~20:00
    サポート
    • 電話
    • メール
    • 電話
    • メール
    • 電話
    • メール
    • Zoom

    「QuQuMo・BtoBシエン・イージーファクター」は、いずれもオンラインのみで「申込~審査~契約」のすべてが完結します。なかでも「QuQuMo」は、審査面談すら基本不要なので一番お手軽です。

    3サービスとも、紙の契約書を用いない「電子契約」なので、送料や印紙税はかかりません。審査後、メールでオンライン契約書へのリンクが届きます。その内容を確認し、問題なければクリックして契約完了です。

    ⑥ 主な必要書類 – アップロードなど

    QuQuMo - ロゴ画像 BtoBシエン - ロゴ画像 イージーファクター - ロゴ画像
    • 請求書
    • 入出金明細
    • 確定申告書or開業届
    • 本人確認書類
    • 請求書
    • 申込書
    • 入出金明細
    • 本人確認書類
    • 請求書
    • 入出金明細
    • 決算書or確定申告書

    「QuQuMo」の必要書類は、わりと用意しやすいです。個人事業主は「確定申告書の控え」が必要ですが、なければ「開業届の控え」でも構いません。これらの書類は、ネットで簡単にアップロードできます。

    「BtoBシエン」に申し込む際は、指定の申込書をオンラインで提出する必要があり、ちょっと面倒です。申込書は、運営会社である「日本中小企業金融サポート機構」からメールで届くようです。

    「イージーファクター」は、法人なら「直近の決算書」、個人事業主なら「確定申告書の控え」が必要です。これらを用意できれば、必要書類は比較的少なめです。

    「CLOUD SIGN」のアカウントは不要

    本記事で紹介した「QuQuMo・BtoBシエン・イージーファクター」は、電子契約に「クラウドサイン」という外部のオンラインサービスを利用します。といっても、ファクタリングを申し込む側は、クラウドサインのアカウントがなくても大丈夫です。

    「クラウドサイン」で電子契約する流れ

    クラウドサインで電子契約する流れ - ファクタリングの利用

    上図のように、メールで電子契約用のリンクが届くので、画面の指示に従って操作すれば契約完了です。電子署名も、クリックのみで行えます(マイナンバーカードなどの電子証明書は用意しなくてOK)。

    電子契約でファクタリングを行うメリット

    • 送料や収入印紙代(印紙税)などのコストがかからない
    • 紙に貼ったり書いたりの手間がかからない
    • 契約書類の保管場所に困らない
    • インターネットで素早くやり取りできる
    • 紙の契約書に比べ、改ざんなどの危険が少ない

    「ネットで契約なんて、本当に大丈夫なの?」と心配する方もいるでしょう。しかし、「クラウドサイン」は、日本最大級の法律相談サイトとしても有名な「弁護士ドットコム」が提供するサービスです。安全性にも定評がありますので、安心して利用できます。

    まとめ

    「QuQuMo・BtoBシエン・イージーファクター」は、申込~審査~契約まで、すべてオンラインで完結するファクタリングサービスです。電子契約なので、コストも手間もかかりません。

    QuQuMo・BtoBシエン・イージーファクターの比較

    QuQuMo
    (ククモ)
    BtoBシエン Easy factor
    (イージーファクター)
    QuQuMo - ロゴ画像 BtoBシエン - ロゴ画像 イージーファクター - ロゴ画像
    利用者 個人事業主・法人 個人事業主・法人 個人事業主・法人
    契約方式 審査に通ったら、電子契約を行う
    2社間手数料 1%~14.8% 2%~10% 2%~8%
    3社間手数料 取扱なし 非公開 取扱なし
    調達可能額 上限なし 上限なし 非公開
    業歴 不要
    創業直後でもOK
    不要
    創業直後でもOK
    非公開
    審査時の面談 基本不要
    (必要なら電話で)
    電話のみ Zoomのみ
    主な必要書類など
    • 請求書
    • 入出金明細
    • 開業届など
    • 本人確認書類
    • 請求書
    • 申込書
    • 入出金明細
    • 本人確認書類
    • 請求書
    • 入出金明細
    • 確定申告書
    QuQuMo(ククモ) BtoBシエン イージーファクター

    使い勝手では「QuQuMo」が頭一つ抜けています。とくに審査時の面談が基本不要なのは嬉しいポイントです。必要書類も比較的用意しやすいので、ファクタリングの初心者にもおすすめです。

    手数料に関しては、売掛金の内容によっても変動するため、一概にコレがベスト!とは言えません。ただ、どれも見積もりは無料なので、複数申し込んで実際の手数料を比較してみるのが確実です。

    相見積もりをとる場合は「QuQuMo」を軸に検討することをオススメします。QuQuMoの手数料は「1%~」と、下限に着目すればファクタリング業界でも最安クラスなので、候補から外さないほうがよいでしょう。

    \ この記事をSNSでシェアする /
    PICKUP POSTS
    ピックアップ記事
    RELATED POSTS
    関連記事
    自営業の専門メディア 自営百科
    最新情報はSNSアカウントで