自営業がとことん分かるメディア

個人事業主が1月に納める税金 – 住民税(第四期分)

更新日: 2021/01/26
個人事業主が1月に納める税金 – 住民税(第四期分)

個人事業主が1月に納める主な税金は、住民税の第四期分です。従業員を雇っている事業主は、源泉所得税(納期の特例分)も忘れずに納付しましょう。

INDEX

目次

    1月に納める税金には何がある?

    個人事業主が1月に納める税金で主なものは、住民税の第四期分です。今年の納付期限日は、2021年2月1日(月)です。

    個人事業主が1月に納付する主な税金

    税目 対象となる事業主 期限日
    住民税 (第四期分) ほとんどの人が対象
    (一括納付の場合は納付済み)
    1月末日*

    *納付期限日が土日祝日であれば翌平日へ繰越

    住民税については、前年の6月中旬ごろに、市区町村の役所から納付書が送られてきているはずです。納付書には税額が記載してあるので、これにしたがって納付を済ませましょう。ちなみに口座振替の場合、振替日はそれぞれの納付期限日になります。

    社会保険料は毎月納付する

    個人事業主は、「国民年金」や「国民健康保険」といった社会保険料も、毎月自分で納付しなくてはなりません。国民年金は毎年4月上旬ごろに、国保は毎年6月~7月ごろに、1年分の納付書が届きます。届いた納付書には金額や期限日が記載してあるので、これにしたがって納付しましょう。
    >> 個人事業主の社会保険料について詳しく

    住民税(第四期分)

    住民税の納付方法には、一括払いと分割払い(年4回)があります。分割で納付する人は、1月末までに第四期分を納付しましょう。

    住民税の納付期限日

    第一期分 第二期分 第三期分 第四期分
    6月末日 8月末日 10月末日 1月末日

    納付期限日が土日祝日であれば翌平日へ繰越

    住民税の納付額は、前年分の確定申告の内容をもとに算出されています。税額は地域によりますが、だいたいは「所得の10% + 約5000円」です。一括・分割どちらで納めても、トータルの納付額は変わりません。

    納付方法

    住民税は、毎年6月ごろに1年分の納付書がまとめて送られてきます。この納付書をつかって、コンビニ等の窓口で納付するのが一般的です。

    また最近は、クレジットカード決済やスマホ決済(PayPay・LINE Payなど)に対応する自治体も増えてきています。このあたりの対応状況は地域によって異なるので、自治体のウェブサイトなどで事前に確認しておきましょう。
    >> 住民税の納付方法について詳しく

    従業員分の源泉所得税(納期の特例分)も忘れずに

    個人事業でも従業員を雇っていて「源泉所得税の納期の特例」を利用している人は、源泉徴収した前年7月~12月分の所得税を「1月20日」までに納付しましょう(誰も雇わず一人で働いているフリーランスは、誰かの源泉徴収をする必要はありません)。

    源泉所得税(納期の特例分)の納付期限日

    1月~6月分 7月~12月分
    7月10日 1月20日

    期限日が土日祝日であれば翌平日へ繰越

    「源泉所得税の納期の特例」とは?
    「源泉所得税の納期の特例」は、一定の要件を満たすことで、従業員などから源泉徴収した所得税を、年2回にまとめて納付できるという制度です。通常だと、源泉所得税は毎月納付しなくてはならないので、この特例を利用するとかなり手間を省けます。

    源泉所得税の納期の特例

    対象者 給与の支給人数が常時10人以下の源泉徴収義務者
    納付期限日* ・1月~6月分……7月10日
    ・7月~12月分…翌年1月20日
    対象となる
    源泉所得税
    ・雇用契約のある従業員の給料、手当、賞与等にかかる源泉所得税
    ・税理士や弁護士へ支払う報酬等にかかる源泉所得税

    *土日祝の場合は翌平日に繰越

    源泉所得税の納期の特例を利用するには、事前に税務署へ「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を提出する必要があります。なお、外注先に支払った報酬などにかかる源泉所得税は、この特例の対象外です。

    還付申告は1月から受付開始

    還付申告の受付期間は、対象となる年の翌年1月1日から5年間です。事前に納めすぎた税金を取り戻すための還付申告の受付期間は、確定申告期間とは異なるわけです。

    たとえば2020年分の還付申告なら、2021年1月~2025年12月末まで受け付けてもらえます。したがって、過去に申告し忘れた控除がある場合も、過去5年分までなら遡って還付申告ができます。

    電子申告なら還付金が早めに振り込まれる

    インターネットで還付申告(電子申告)をすれば、還付金を早めに受け取れます。通常は1ヶ月半くらいかかるところ、電子申告をした場合は、申請してから2~3週間程度で還付金を振り込んでもらえます。

    還付金が振り込まれるまでの日数

    電子申告の際は、マイナンバーカードで本人認証するのが基本です(マイナンバーカード方式)。あるいは、事前に税務署の窓口で「ID・パスワード方式」の手続きをしておけば、マイナンバーカードを持っていなくても電子申告が可能です。

    マイナンバーカードの発行には1ヶ月~3ヶ月程度かかるので、すぐに電子申告をしたいという人は「ID・パスワード方式」がおすすめです。この方法なら、税務署での手続きが終わった直後から電子申告ができます。
    >> 電子申告の方法について詳しく

    償却資産の申告は1月31日まで

    固定資産税の対象となる資産は、大きく「土地・家屋」と「償却資産」に分けられます。このうち「償却資産」を所有している人は、固定資産税の申告が必要です。「土地・家屋」にかかる固定資産税は、そもそも自分で申告をする必要はありません。

    1月1日時点で所有している償却資産があれば、その年の1月31日までに所轄の都道府県税事務所に申告しましょう。2021年の申告期限日は、2021年2月1日(月)です。

    所有する資産の課税標準額の合計が一定額を下回るなら、固定資産税はかかりません。この一定額のことを「免税点」といい、償却資産の場合は150万円に設定されています。ただし、課税標準額の合計が150万円未満でも、償却資産の申告自体は省略できません。

    償却資産の具体例

    • 高価なパソコン
    • 業務用冷蔵庫
    • 大型の看板
    • 業務用のOA機器

    ※ いずれも事業で使用するものに限る

    事業で使う償却資産の合計額が150万円以上なら、固定資産税を納めることになります。なお、乗用車やトラックは自動車税の対象となるため、ここで言う「償却資産」には含まれません。

    提出書類

    初めて申告する場合 前年に引き続き申告する場合
    • 償却資産申告書
    • 種類別明細書 (増加資産・全資産用)
    • 償却資産申告書
    • 種類別明細書 (増加資産・全資産用)
    • 種類別明細書 (減少資産用)

    固定資産を申告する書類の提出先は、所轄の都道府県税事務所です。書類を窓口まで直接持参するか、郵送で提出しましょう。